鎌倉版 掲載号:2011年2月4日号
  • googleplus
  • LINE

「はやぶさ」の博士が講演 レイ・ウェル鎌倉で2月6日(日)

教育

 レイ・ウェル鎌倉(市内小袋谷)で2月6日(日)、講演会「『はやぶさ』から観た宇宙 未来に向かって」が行われる。

 講師にはJAXA(独立行政法人宇宙航空研究開発機構)宇宙科学研究本部、宇宙輸送工学研究系教授で工学博士の國中均氏を迎える。國中氏は、マイクロ波放電式イオンエンジンを研究開発。これを探査機「はやぶさ」に応用、小惑星間の往復航行を達成した。豪州でのカプセル回収の陣頭指揮にあたった人物。

 講演会の主催は、鎌倉・逗子・藤沢地域で発達障害を持つ子どもを育てる親の会「かまくら笑(え)ん座(ざ)」。

 同会では「広大な宇宙の話から、広い宇宙のふところに抱かれていることを思い出し、広い心で未来を見つめてほしい」と話す。

 時間は午後1時30分から3時30分(開場1時)。入場は無料で託児あり(事前申し込み先着10人)。

 後援に鎌倉市教育委員会・逗子市教育委員会。問い合わせは【メール】kamakura.enza

@gmail.comまで。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク