鎌倉版 掲載号:2011年2月11日号
  • googleplus
  • LINE

まろやかに梅香る 「かまくら梅酒」4500本の限定発売

経済

まろやかな風味が特長(ミス鎌倉がPR)
まろやかな風味が特長(ミス鎌倉がPR)

 鎌倉産の梅を使った「かまくら梅酒」が今月3日、鎌倉市内40の酒販店で発売開始された。昨年に引き続き2年目。鎌倉酒類開発協議会(長嶋幸男会長)によるプライベートブランド(PB)の第3弾。

 4500本限定で、720ミリリットル入りの1380円(税込)。建長寺、円覚寺、浄妙寺や市内農家で収穫された梅をブランデーに漬け込んだ。アルコール度数15%と口あたりがよく女性にも人気。昨年は発売間もなく完売したという。

 製造元のマンズワイン(株)(山梨県甲州市)・手塚信一さんは、「一般的に梅酒は焼酎を使用するが、ブランデーを使っているので、まろやかです。飲み比べるとわかる」と説明した。

 原料の梅は、昨春の冷害の影響から不作となり、収穫量は800キログラム弱だったという。そのため、同協議会では、今年は同じPBの「梅ワイン」(04年商品化)を発売せず、かまくら梅酒に絞った。同協議会は他にもPBとして市内産紅吾妻を使用した芋焼酎「吾妻鏡」も07年に商品化している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク