鎌倉版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

円覚寺から新たに2点 国指定重要文化財に答申

文化

 円覚寺伝来の袈裟「伝法衣(でんぽうえ)」と、同寺仏殿の設計図「仏殿造営図」が国指定重要文化財指定に向け、答申中だ。文化庁の文化審議会文化財分科会が今月18日に、文科省へ答申。指定されれば、鎌倉市内で199件目となる。指定文化財は、国宝や県・市指定を含めれば576件にのぼる。

 伝法衣は、12から14世紀頃のものとされる。金紗や顕紋紗と呼ばれる文様表現が南宋から元時代の特徴を示しているという。

 仏殿造営図は断面図と平面図の清書(安土桃山時代)で、同寺の仏殿の再興のために作成されたもの。当時の禅宗建築を伝える図で、史料価値が高いという。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク