鎌倉版 掲載号:2011年3月25日号
  • googleplus
  • LINE

震災を受け 「何かしたい」思いを行動に 岩瀬中卒業生有志が大船で募金活動

社会

20日から3日間、街頭に立った(写真は21日)
20日から3日間、街頭に立った(写真は21日)

 今月11日に発生した東日本大震災を受けて、岩瀬中学校の卒業生有志が「何かできないか」と、大船の松竹ショッピングセンター前で20日から3日間、募金活動を行った。

 「被災地支援にご協力お願いします」。21日には祝日にもかかわらず雨の影響もあり人出は少なかったが、その状況でも募金する通行人の姿が見られた。募金活動を実施した地域は、岩瀬中の学区ということもあり、在校生も4人参加するなど輪が広がった。また、尾利出篤校長をはじめ、教員の姿も見られた。

 今回の活動は、卒業式を終えたばかりの同中学校の戸原孝志さん(15)が、被災地の惨状をテレビで知り「何かしたい」と、同級生に呼びかけたのがきっかけ。趣旨に賛同した約30人が集まり、その思いを受けた同校が場所の手配などを行ったという。

 戸原さんは、「何ができるだろうと考えたときに、『募金』を思いついた。いただいたお金が被災された方々の役に立てば」と思いを語った。

 同校の西岡正江教頭は、「募金活動場所が学区内なので、呼びかけを聞きつけて届けてくれる人もいました。反響の高さに驚きました」と感謝した。

 当日、松尾崇鎌倉市長も募金に訪れた。中学生が自発的に行った今回の活動を受けて、「このような姿を見ていると、日本の将来は明るいと感じた。生徒の一人ひとりの気持ちが被災地に届くことを期待したい」と話していた。

 鎌倉市では現在、鎌倉体育館と老人福祉センターを被災者の受け入れ場所として提供している。松尾市長は「一般の方のホームステイ、旅館のご協力など今後の対応を検討していきたい」と語った。

 集まった募金は、日本赤十字社を通して被災地に送られる。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク