鎌倉版 掲載号:2011年4月22日号
  • googleplus
  • LINE

幅広い関心を 高徳院の佐藤住職、七高ガイダンスで

教育

新入生277人を対象に
新入生277人を対象に

 高徳院の住職で慶應義塾大学文学部教授の佐藤孝雄氏が、今月12日に江の島のかながわ女性センターで開かれた母校県立七里ガ浜高校(吉田幸一校長)の新入生ガイダンスで講演した。

 テーマは、「後輩諸君へのメッセージ・卒業後30年目におもうこと」。恩師・正田敬子先生から贈られた「リベラル・アーツ(一般教養)を大事にしなさい」という言葉を紹介し、「今になって、その意味がやっと分ってきた気がする」と話した。

 それは、多数の欧米の研究者との交流から、人物評価の指針として、幅広い興味や関心を持つ姿勢が重要視されることを、肌身で感じたからだという。

 そのため、これからの高校生活で、スポーツや音楽、クラブ活動をはじめ幅広く様々な事柄に関心を持つよう、生徒たちに呼びかけた。また、「地元の友人は、掛け替えのない大きな財産」とも語った。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク