鎌倉版 掲載号:2011年7月22日号
  • googleplus
  • LINE

県内初の「まちの駅」 由比ガ浜通りにオープン

社会

堀理事長(右)と菊一駅長。駅の前で
堀理事長(右)と菊一駅長。駅の前で

 今月7日、由比ガ浜通りに観光案内や休憩所、トイレ、地元の物販コーナーなどを設けた「まちの駅(菊一公明駅長)」が開設した。

 かねてより鎌倉市への観光客からの要望が多かったトイレ不足の解消につなげるほか、イベント開催や、商店街の寄り合いの会場など多目的に使用していく。運営はアロハス(株)が行う。

 「まちの駅」は、トイレなどの休憩機能や、観光案内、交流、連携機能を有していることを要件に設置できる施設。川崎市高津区とならび、由比ガ浜が県内での初登録物件となった。

 週末には、観光ガイドを置き、またカフェや地元産食材などの販売も行う予定。由比ガ浜商店街振興組合の堀淳一理事長はまちの駅を「観光客へのホスピタリティ(おもてなし)向上に活用していきたい」と話す。月曜休館。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク