鎌倉版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

放射能測定装置の購入へ 市内小中学校・保育園など対象に

政治

 市は市立小中学校、公立保育園、あおぞら園での給食や土壌の放射性物質測定のため、「食品・環境放射能測定装置」の購入を決定した。これに伴い購入にかかる補正予算案を市議会12月定例会に追加した。

 機器購入にかかる補正予算額は、1830万円。文部科学省からの「小中学校の給食の測定は検出限界が1kg当たり40ベクレル以下の機器を選定する」という通知を満たすものを購入する予定だ。設置場所は山崎浄化センターで、ここで全測定を行う。補正予算可決後、来年4月からの使用開始を目指している。

 給食の測定は毎日1校(1園)、2検体程度を予定し、分析時間は物質や容量により異なる。

 今回の決定は、厚生労働省が内部被ばくの許容線量を大幅に引き下げる方針と、文科省からの測定器に関する通知を受けたことによる。これまでは市立小学校、公立保育園、あおぞら園は各校所有の簡易測定器や民間検査機関による測定方法で給食の測定を週1回ごとに行ってきた。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

光明寺で恒例の観桜会

光明寺で恒例の観桜会

フリマ 抹茶席 山門公開も

3月31日~4月1日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク