鎌倉版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

吊るし飾りで早春を彩る 北鎌倉の新定番に

文化

かまくら陶芸館には近隣の作家による色鮮やかな吊るし飾りが飾られている
かまくら陶芸館には近隣の作家による色鮮やかな吊るし飾りが飾られている

 北鎌倉の街全体が、現在吊るし飾りで彩られている。陶器販売のかまくら陶芸館などで開催中の「北鎌倉吊るし飾り展」の一環として、商店街74軒が協力した初めての試みだ。

 人形工房銀の針(山ノ内)の浜肇子さんをはじめ5人の作家が、協力店に手づくりの飾りを貸し出している。中にはオリジナル作品を飾るところもあり、寿司店ならイクラの、葉祥明美術館では絵本のキャラクター、ドッグカフェなら犬の好物である骨をモチーフにしたものなど、バラエティーに富んでいる。

 閑散期の活性化を目的に企画されたもので、「北鎌倉つるし飾り実行委員会(川上靖治委員長)」が主催。4月1日(日)の「匠の市」まで実施する。

 同企画の発端は5年ほど前にさかのぼる。川上委員長は「2、3月の閑散期が以前から悩みの種だった」と話し、新しい名物でもあれば、と北鎌倉まちづくり協議会で考えていた。そんな時、古民家ミュージアムで展示されていた「源平吊るし飾り」に出会い、同企画が立ち上がった。昨年3月には試作展が行われた。

 川上委員長は「北鎌倉らしい街の風物詩にしていきたい。いずれは『北鎌倉吊るし飾り祭り』にまで発展できれば」と話している。

 問【電話】0467・22・4693齋藤さんまで。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク