鎌倉版 掲載号:2012年3月23日号
  • googleplus
  • LINE

土砂災害のハザードマップ完成 警戒区域に市内414ヵ所

政治

市は3月末から4月を目標に全戸配布を予定する
市は3月末から4月を目標に全戸配布を予定する

 鎌倉市総合防災課は、この度、市内の「土砂災害ハザードマップ」を完成させた。3月から4月にかけて自治町内会をとおして全戸に順次配布する予定だ。市による土砂災害のハザードマップ作成は初めて。今月14日には、市のホームページ(http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/sougoubousai/dosha_hm.html)で公開している。

 市内を「大船・玉縄」「腰越・深沢」「鎌倉」の3地域にわけ、県が指定した「土砂災害警戒区域」414ヵ所すべてが色付きで表示されている。

 また、一番身近な避難場所である「ミニ防災拠点」(市立小中学校全25校)や、必要に応じて市が開設判断を行う「避難所」(県立高校や私立校など11ヵ所)、状況に応じて市が追加開設する「風水害等避難場所」(公民館や寺社、幼稚園、保育園などの80ヵ所)が列記されている。

 このマップ作成は、2007年から県が順次指定している土砂警戒区域を受けてのもの。昨年7月に市内の同区域指定が終了したため、市は同マップを作成。約256万円をかけた。

 市総合防災課がけ地対策担当では「居住地の周辺を確認するなど、役立てて欲しい」と話している。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク