鎌倉版 掲載号:2012年7月13日号
  • googleplus
  • LINE

市民団体が史跡「見守り」 源頼朝墓の定点警備も

社会

世界遺産に向け市民団体も協力
世界遺産に向け市民団体も協力

 世界遺産登録の重要な要素となっている切通などの状況を日常的に把握しようと、鎌倉市は5つの市民団体の協力を得て「『武家の古都・鎌倉』見守り事業」を7月から実施する。4日には市役所で「直垂(ひたたれ)」姿の松尾崇市長が書面で各団体に依頼した。

 協力するのは、公益財団法人鎌倉風致保存会(兵藤芳朗理事長)・NPO法人鎌倉ガイド協会(高橋健治会長)・鎌倉ガーディアンズ(大津定博代表)・ハイキング・クリーン(御法川齊代表)・キープ鎌倉クリーン推進会議(高田晶子代表)の5団体。

 市内には31の国指定史跡があり、内20件が世界遺産登録の重要な構成要素となっている。社寺境内の13件は各宗教法人によって管理されているが、切通などの18件は、範囲が広大で行政による日常的な維持管理が難しい状況にある。そのため、市は連携して活動できる市民団体に協力を呼びかけた。

 具体的な活動は、各団体が倒木や崖崩れ、落書きなどを発見次第、市に連絡、迅速な対応につなげようというもの。15日からは「鎌倉ガーディアンズ」が源頼朝墓を含む法華堂跡を土日祝日、3カ月間警備する。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク