鎌倉版 掲載号:2012年8月3日号
  • googleplus
  • LINE

由比ガ浜通り鎌倉ベルズ 手作り音色に涼を求めて 響く彫金風鈴

文化

寺社の釣鐘に通じる音で悠久の歴史を表現
寺社の釣鐘に通じる音で悠久の歴史を表現

 「カーン、カーン、カーン」と街に金槌の音が響く季節が今年もやってきた。由比ガ浜通りにある鎌倉ベルズの菊地眞さん(58)は、彫金風鈴を作って10年以上。わずか9平方メートルの店舗で日々作業に励んでいる。

 店先につるされた風鈴の「リーン」という音色に、道行く人が足を止め、涼を味わう姿も。菊地さんは「赤ちゃんの泣き声と同じ周波数だから、人の耳に入ってきやすいのでは」と同店の風鈴の特長を話した。

 これらの造作は全て手作業によるため、1日5個が限界だという。毎年夏に300個を用意するべく、準備を始めるのは3月ごろ。仕上げに燻す際、火の入れ具合で風鈴の表情は一つひとつ異なるという。

 鎌倉ならではの音色にしようと、同店の風鈴は寺社の釣鐘の音を基に設定。古来の街で浄化に使用された梵鐘に通じるよう、試行錯誤を重ねてきたという。菊地さんは「音から古都の風も感じて欲しい」と話している。

 鎌倉ベルズで取り扱う風鈴は3千円から1万5千円ほど。問合せは【電話】0467・43・1799同店へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

初の潮風マルシェが盛況

会場は築90年の古民家

初の潮風マルシェが盛況

2月16日号

古都の造形美 写し出す

「道端の神様」に案内板

腰越まち懇

「道端の神様」に案内板

2月16日号

母校の留学生を鎌倉に招待

鎌倉稲門会

母校の留学生を鎌倉に招待

2月16日号

熊本市長に約9万円寄付

鎌倉ガーディアンズ

熊本市長に約9万円寄付

2月16日号

シニアの就労支援相談会

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク