鎌倉版 掲載号:2012年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

16作品が入賞 中学生人権作文コンテスト

教育

前列左から3番目が坪井さん。服部さんは前列右から2番目=19日
前列左から3番目が坪井さん。服部さんは前列右から2番目=19日

 第32回「全国中学生人権作文コンテスト」(法務省、全国人権擁護委員連合会主催)の市審査会表彰式が11月19日、市役所で行われた。

 今年度は市内11中学校から567作品の応募があり、9月14日の審査会で市長賞、市教育委員会賞など、入賞16作品が選出された。

 御成中学校3年の坪井洸さんの「『リスペクト アザース』」と、第二中学校3年の服部花生さんの「『聴く』ということ」は、湘南地区のコンテストを経て、県大会へと進んだ。

 県大会では、米国のサンディエゴで生まれ育った坪井さんが、日本との考え方や文化の違いを書いた作品で最優秀賞に輝き、市内から4年ぶりに全国中央大会へと進出。11月29日に結果が発表される予定だ。坪井さんは、「小学生の頃から疑問に思っていたことが、こういう機会で評価してもらえてうれしい」と感想を語った。また、服部さんの作品は銀賞に選ばれた。

 小山昌幸市人権擁護委員会会長は「応募作品は、児童虐待や生命の尊さ、障害者についてなど中学生の率直な意見がつづられていた。出会い、ふれあい、助け合いが人権の柱だと思う」と挨拶した。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

2/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

精神対話士の相談会開催

精神対話士の相談会開催

3月2日〜4日

3月2日~3月4日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク