鎌倉版 掲載号:2013年3月15日号
  • googleplus
  • LINE

1873年(明治6年)創業 きもの蔵人 みやもと

経済

4代目店主の宮本英光さん=3月9日
4代目店主の宮本英光さん=3月9日

 市内大町にある「きもの蔵人みやもと」は、今年創業140年になる。

 4代目店主の宮本英光さん(54)によると、「元々医者の家だった宮本家に、初代の保次郎が藤沢から養子に入った明治6年を創業の年として数えている」という。

 保次郎は医者にはならず、染め物や洗い張りなどを行う「悉皆(しっかい)屋」を始めた。「養子に入った年に徴兵令が制定されている。徴兵逃れだったのでは」と宮本さんは推測する。

 第二次大戦中は横須賀基地の軍用資材の染色をしていたという。戦後、3代目が本格的に着物の販売を始め、4代目になった現在は、代行保管や着付け、ヘアメイクなど、着物に関する業務全般を取り扱っている。

 「裏に埋めてある藍瓶の調子を見るために、祖父(2代目)が毎朝味見するんです。口の周りが青くなって怖かった」と宮本さんは幼少の頃を振り返る。

 「着物は100年使えるもの。箪笥の中で着物が生きている限り、店も生きなくては」と今後の思いを語った。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和の遊びを無料で体験

和の遊びを無料で体験

「投扇興」と「奇数の世界」

4月29日~5月5日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク