鎌倉版 掲載号:2013年4月26日号
  • googleplus
  • LINE

市内初の認定NPO法人に 広町の森市民協議会

社会

昨年の田植え祭りの様子
昨年の田植え祭りの様子
 市内腰越地区にある広町の森で、緑地保全活動を行う「鎌倉広町の森市民協議会」(黒川弘理事長)が、3月27日、市内で初となる「認定NPO法人」(認定特定非営利活動法人)として県から認定を受けた。県内のNPO法人は3200余りあり、そのうち認定は9法人に留まる。

 認定NPO法人になると2千円を超える寄付額の40%が所得税から控除されるなど、寄付者に税制上の優遇措置がとられる一方で、組織運営や事業活動、財政状況の審査が行われる。今回は10年来の緑地保全に携わるボランティア活動などが評価されたという。

 同会は2003年に発足。田植えや自然観察会などを行う5つの会を支援している。現在は2年後に広町の森で開園予定となっている都市林公園の維持管理を担う指定管理者受託を目指しており、同会では「この度、認定NPO法人になったことで受託に向けた重要な足固めとなりました」としている。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク