鎌倉版 掲載号:2013年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

世界遺産 関係4県市が対応発表へ 27日に県庁で会見

文化

 鎌倉市は5月21日、世界遺産登録に関する4県市(神奈川県、横浜市、鎌倉市、逗子市)の今後の対応を、27日に神奈川県庁で発表すると明らかにした。

 ユネスコの諮問機関イコモスから「武家の古都・鎌倉」に対して「不記載」の勧告が発表されたのは4月30日の深夜。鎌倉市はその後、情報収集を進めるとともに国や県などと今後の対応について協議してきた。

 松尾崇市長は5月15日の定例記者会見で「登録への意志は変わらない」としたうえで、5月中にも4県市で今後の方針を打ち出す意向を明らかにしていた。

 登録の可否そのものは、6月16日から27日までカンボジア・プノンペンで開催されるユネスコ世界遺産委員会で話し合われることになるが、これまで「不記載」勧告を受けて登録された例はない。

 そのためいったん推薦を取り下げて「再挑戦」を目指すか、世界遺産委員会で「情報照会」(追加情報を提出した上で次回以降に再審議)または「記載延期」(推薦書を再提出した上で再度諮問機関の審査を受ける)への繰り上げを目指すことになる。

16年間で経費約5億円

 15日の定例会見で市は、登録の準備に要した経費が約4億8700万円だったと明らかにした(上表)。取り組みを総合計画に位置付けた1996年から2011年度までの決済数値で、うち約1億7900万円は国・県からの補助。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

江ノ電の歴史を訪ねる

江ノ電の歴史を訪ねる

写真、ジオラマを展示

3月22日~4月8日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク