鎌倉版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

鎌倉のとっておき〈第10回〉 腰越村八王子遠見番所

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
軍事拠点でもあった
軍事拠点でもあった

 小動崎の展望台に立って西方を見渡すと、江の島により一部の視界が遮られるが、箱根連山から伊豆半島まで見渡すことができる。東側に目を移すと葉山、長井、荒崎を経て三浦半島の先端まで見ることができる。

 さて、この小動崎には幕末、相模湾の海上交通を監視し、渡来する異国船の発見を目的とする「腰越村八王子遠見番所」が設置されていた。ペリー提督が来航した1853(嘉永6)年の頃には、西洋砲ホーイッスル・モルチール3基が据え付けられ、単なる監視施設ではなく軍事拠点の一つとなっていた。

 その当時は彦根藩がここを管理し、藩士2名の番人と事あるときには幕府鉄砲方数名の武士が詰めた。そして、腰越村など近隣の漁民、農民も夫役として動員され、通報、接待などに当たった。

 1858(安政5)年に日米修好通商条約が締結され、横浜が開港地に決定されると、海防の重点は品川や横浜近辺に移り、腰越村八王子遠見番所はその役目を終え、時期の記録はないが廃止に至った。

 腰越村八王子遠見番所は、現在の小動神社の境内と隣接する私有地にあったが、現在まで残された建築上の遺構や遺物はない。なお、小動崎を南の海側から見ると洞穴が認められるが、これは米軍の相模湾上陸に備えた旧軍の遺構である。
三品和義

鎌倉まめや小町通り店

5月に店舗をリニューアル。広々とした店内には常時70~80種の豆菓子が充実。

http://www.mame-mame.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク