鎌倉版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

史跡研究会が保存案 北鎌倉駅裏トンネル

社会

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena
保存案の模型を手にする出口代表
保存案の模型を手にする出口代表

 JR北鎌倉駅に隣接する岩塊に掘られたトンネルについて、市民団体「北鎌倉史跡研究会」(出口茂代表)は2月12日、市役所で記者会見を開き、保存と安全対策を両立させる市民モデルを提示した。

 トンネルを「緑の洞門」と名付け、景観と史跡保護の観点から保存を訴えている同会。市が進める手続きへの疑問を呈したほか、岩塊そのものの強度について「専門家とともに検討したところ、市が出していたデータ以上の強度があることが判明した」とした。

 その上で景観保護と安全対策を両立させる保存案として、強度が強く比較的加工が容易な樹脂を使ってトンネル内部を補強するモデルを提示した。

 今後はモデルをもとに市民から保存に向けた意見を募るとともに、署名活動や市への働きかけを行うとしている。

 このトンネルをめぐっては、岩の剥落などが目立つようになったとして、地元自治会や学校関係者、地権者などからなる「北鎌倉駅裏トンネルの安全対策協議会」が一昨年12月に発足。1日1千人以上の児童・生徒が通行していることなどを踏まえ、市が提示した岩そのものを切り崩す「開削」による安全対策の実施を昨年8月に採択している。

鎌倉版のローカルニュース最新6

5人が出馬へ

衆院選

5人が出馬へ 政治

 神奈川4区 激戦の様相

10月15日号

チェコ音楽を名器ピアノで堪能

チェコ音楽を名器ピアノで堪能 文化

13・14日 カノンハウス

10月15日号

芸術祭が開催中

市内各地

芸術祭が開催中 文化

後半イベント紹介

10月15日号

公開討論を配信

衆院選

公開討論を配信 政治

青年会議所が17日に

10月15日号

14日間連続「ゼロ」

新型コロナ市内陽性者

14日間連続「ゼロ」 社会

10月15日号

「多様性を意識して」

「多様性を意識して」 社会

国際交流員 ネーム・エレン

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook