鎌倉版 掲載号:2015年8月28日号 エリアトップへ

若きシンガー永冨真梨さん 新たなカントリー音楽語る 鎌倉FMの人気番組に出演

文化

掲載号:2015年8月28日号

  • LINE
  • hatena
収録に臨む大塚さん(左)と永冨さん
収録に臨む大塚さん(左)と永冨さん

 「もしかしたら昔からのファンが放送を聞いたら怒るかも。でも次の世代にカントリーを継承するためには、彼女のような人が必要だと考え出演をお願いしました」。こう語るのは鎌倉エフエム(82・8MHZ)の人気番組『親父のカントリー』のDJを務める大塚哲夫さんだ。

 カントリー音楽を専門に扱い、放送開始から11年目を迎えた同番組。9月2日(水)の放送では、ゲストに京都在住のシンガー永冨真梨さんを迎える。

 永冨さんは、長く日本のカントリー界をリードし「カントリードリーム」「京都オープリー」などの仕掛け人としても知られる永冨研二さんを父に持つ。永冨さん自身も18歳の時に聞いたジニー・シーリーの歌声に衝撃を受けてシンガーを志し、CDデビューも果たした。

 しかし20代で渡った米・ナッシュビルでは大きな壁にぶつかったという。「もっと日本人らしい表現をしたら、と言われることが多かったのですが、それが本当に自分に根差したものなのか、そもそも自分らしさとはなにか迷ってしまった」と振り返る。

 新たな表現を模索するなか、出会ったのがロックなど幅広い音楽をベースにした潮流の一つである「アメリカーナ」。帰国後は音楽活動の傍ら、同志社大学大学院で日本におけるカントリー音楽の歴史を研究するなど、アカデミックなアプローチも進めている。

 今回の放送では、アメリカーナのほか、日本人シンガー片山誠史さんの楽曲など新旧の音楽に触れてきた永冨さんならではの選曲で送る。「この時代だからこそ生まれる音楽がある。ジャンルにとらわれず、良いものは良いと多くの人に聞いてもらえたら」と永冨さん。大塚さんは「淀んだ水はやがて腐ってしまう。新しい感性で音楽を生み出してほしい」と期待を寄せている。放送は9月2日午後8時から9時(再放送6日(日)午前11時から12時)。

鎌倉版のローカルニュース最新6

初期の作品や資料紹介

特別展

初期の作品や資料紹介 文化

鏑木清方美術館で開催中

4月16日号

あす腰越で食料等配布

あす腰越で食料等配布 社会

就労・生活相談も

4月16日号

個性溢れる鎌倉彫

個性溢れる鎌倉彫 文化

刀華会が70周年記念展

4月16日号

7日間で10人増

新型コロナ鎌倉市内陽性者

7日間で10人増 社会

4月16日号

鎖大師の「ご開帳」も

鎖大師の「ご開帳」も 文化

青蓮寺で正御影供

4月16日号

ビーチフェスタとカーニバル中止

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter