鎌倉版 掲載号:2015年9月18日号 エリアトップへ

「ゲームの王様」シニアに人気 大船ブリッジセンターが盛況

文化

掲載号:2015年9月18日号

  • LINE
  • hatena
レベルに合わせて講習会も行われている
レベルに合わせて講習会も行われている

 「コントラクトブリッジ」(通称ブリッジ)を御存じだろうか。日本では少し馴染みが薄いが、「トランプゲームの王様」とも呼ばれ、世界中に愛好者がいる。最近では「頭を使うから記憶力アップになる」とシニア世代を中心にプレーヤーが増加中。県内でも有数の拠点が大船駅近くにあると聞き、訪ねることにした。

 大船駅笠間口を出てすぐの雑居ビル3階は、静かな熱気に包まれていた。ここは特定非営利活動法人「大船ブリッジセンター」が運営する競技会会場。平日の昼間にもかかわらず、60人以上が真剣な表情でテーブルを囲む。

 同センターの川岸秀男理事長は「4階も合わせると60テーブルがありますが、土日の競技会はほぼ一杯になる。都内や静岡からの参加者もいます」と話す。

 同センターの前身は、1978年に地元の女性愛好家たちが立ち上げた「大船レディス」。その後参加者の増加などにともなって、2002年に特定非営利活動法人になった。現在会員は約140人。そのほとんどが退職後のシニア世代、8割が女性だ。中には90歳を超える人もいる。

 ブリッジは4人でテーブルを囲み、向かい合った人とペアを組んで出し合った手札(トリック)を取り合うゲーム。勝利のためには記憶力や推理力、何よりパートナーとの意思疎通が欠かせない。同センター理事の中村澄代さんは「誰でも簡単に始められるが、奥が深くやり続ける限り進歩の余地がある」と魅力を語る。

 ゲーム終了後はお茶やお酒を楽しみながらの「反省会」が開かれ、「ブリッジを始めて友人が増えた」という参加者も多い。

 同センターでは「お正月三が日を除いてほぼ毎日」(川岸理事長)競技会を開催しているほか、レベルに合わせた講習会を開催し、普及に取り組んでいる。9月29日(火)には、初心者を対象とした「無料体験教室」を開催する(午前10時から正午まで)。参加者にはトランプのお土産も。

 競技会や体験教室の問い合わせは同センター【電話】0467・48・2286へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

「医療はどうあるべきか、本質を問われ続けた日々」

湘南鎌倉総合病院 院長代行 小林修三さん 特別インタビューコロナ時代どう生きる

「医療はどうあるべきか、本質を問われ続けた日々」 社会

7月31日号

「ホームをカニが通過します」

「ホームをカニが通過します」 文化

長谷駅の注意書きが話題

7月31日号

独特な魅力の食虫植物展

独特な魅力の食虫植物展 文化

フラセンで展示・販売

7月31日号

プロから学ぶ「写真教室」

プロから学ぶ「写真教室」 社会

鎌倉中央公園 参加者募集中

7月31日号

海岸安全確保、キックオフ

海岸安全確保、キックオフ 社会

市と関係団体セレモニー

7月31日号

夢か現か 江の島灯籠

夢か現か 江の島灯籠 文化

8月31日まで点灯

7月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月24日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク