鎌倉版 掲載号:2015年10月23日号 エリアトップへ

「旅する蝶」長野から広町へ マーキング個体を確認

文化

掲載号:2015年10月23日号

  • LINE
  • hatena
マーキングされたアサギマダラ。羽には「ミヨタ」などの情報が記されている
マーキングされたアサギマダラ。羽には「ミヨタ」などの情報が記されている

 市内腰越地区に広がる広町緑地で発見されたチョウが、長野県から飛来したことが確認され、話題となっている。

 このチョウはアサギマダラという種類。「旅する蝶」の異名を持ち、夏は長野県を中心とした山間部で過ごし、秋から冬にかけて南下する渡り蝶の一種だという。

 発見したのは、同緑地でボランティア活動を行っている上村文次さん。40年にわたりチョウの研究を行っている上村さんは10月12日、同緑地内でチョウの観察を行っていたところ、羽根に文字が記されている個体を見つけた。書かれていた「ミヨタ」「9/23」などを調べると長野県御代田町の市民団体「大星・アサギマダラの会」から同種の研究者・栗田昌裕さんが放したものだということが判明した。このように個体に文字を記して行動範囲を確認することを「マーキング調査」といい、栗田さんは同種が多く観測される御代田町で今回の調査を行っていた。同個体は9月23日に御代田町を発って、約20日かけて鎌倉にたどり着いたことになる。

 上村さんは「県内の研究会でもマーキングされた個体の報告はまれ。鎌倉では私が知る限り初めてだと思う」とし、「長野県の西部から広町まで約140Kmを移動してきた、という事実に感動した。今回のことは自分にとっても初体験で、とてもうれしい」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル

【Web限定記事】鎌倉の企業や求職者のマッチングを支援

鎌倉市公式企業・求人情報発信サイトがリニューアル 社会

企業インタビューも新設

1月22日号

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に

【Web限定記事】

葛飾北斎らの「肉筆浮世絵」が一堂に 文化

2月14日まで鎌倉国宝館で特別展開催中

1月22日号

ニューイヤー演奏会延期に

「花は咲く」の合唱動画募集

バレエ映画上映・展示

累計で338人に急増

新型コロナ市内染者

累計で338人に急増 社会

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク