鎌倉版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

光則寺 参加自由の「お経の会」 毎月21日に開催中

文化

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena
同寺本堂で行われているお経の会
同寺本堂で行われているお経の会

 長谷の古刹・光則寺では、毎月21日の朝、法華経を読む声が本堂に響き渡る。

 これは同寺が開催している「お経の会」でのひとコマ。かつて鎌倉では、各地域に講中と呼ばれる信者の集まりがあり、定期的に家に集まってはお経を読んでいたという。

 しかし戦後人々のつながりは希薄になり、1980年代になると多くの講中が解散していった。

 そんなある日、檀家の女性が「最近お経を読む機会がないので練習したい」と相談してきたという。そこで30年ほど前、同寺が始めたのが、時間にして約1時間、信者でなくても自由に参加できる「お経の会」だった。開山・日朗上人の命日に合わせ毎月21日を、実施日とした(立正安国論進献式が行われる4月、施餓鬼法要が行われる8月は行われない)。

 最初は数人だった参加者も徐々に増えていき、現在は毎回30人ほどが訪れる。当初から参加しているという手広在住の伊達昭二さん(90)は「お経を読んでいくうちに意味が自然と心に入ってくるようになり、信仰心も強くなった。会が終わった後にお茶やお菓子をいただきながら、皆さんとお話しできるのも楽しみです」と笑う。

 同寺住職の横山仁雄さんは「かつてお寺は信仰だけでなく、娯楽の役割なども担いながら地域社会の中心的役割を果たしてきました。こうした会をきっかけに気軽にお寺に足を運んでもらえれば」と話している。

 参加費は200円。時間は午前10時から約1時間。問い合わせは同寺【電話】0467・22・2077へ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

3カ月半の休止越え待望の定演

鎌倉交響楽団

3カ月半の休止越え待望の定演 文化

10月31日、芸術館大ホールで

10月23日号

目標はマスク寄付

目標はマスク寄付 社会

みらいふる鎌倉が講習会

10月23日号

新ピンクリボン号出発

健康チェックしませんか?

写真に感謝の供養祭

写真に感謝の供養祭 文化

11月14日、浄智寺で

10月23日号

早稲田氏が国政報告会

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク