鎌倉版 掲載号:2017年6月16日号
  • LINE
  • hatena

加藤さんの絵本完成 市内書店で販売開始

文化

完成した絵本を手にする加藤さん
完成した絵本を手にする加藤さん

 絵本『茂(しげ)さん―鎌倉長谷のむかしむかし』がこのほど完成した。

 これは加藤茂雄さん(長谷在住・92)が、生まれ育った昭和初期の街の様子を後世に伝えようと、友人らとともに自費出版したもの。5年前に「絵本を出版する会」を結成し、原稿作成や協賛金集めといった準備を進めてきた。

 絵本では、加藤さんが子ども時代を過ごした「長谷新宿」と呼ばれていた大通り(現在の県道32号線)を舞台に、人情味あふれる人々の姿や当時流行した子どもたちの遊び、海水浴客で賑わった夏の様子、忍び寄る戦争の影などが優しいタッチで描かれている。

 加藤さんは「多くの方の協力でようやく完成した。子どもから大人まで、たくさんの人に読んでもらえたら」と呼びかけている。

 一冊税込1500円。松林堂書店(小町)、たらば書房(御成町)のほか、長谷にあるカフェ等で販売している。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

鳥の目で見る鎌倉の寺社

鳥の目で見る鎌倉の寺社

長谷寺で水彩画展

3月21日~3月24日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク