鎌倉版 掲載号:2018年1月5日号
  • LINE
  • はてぶ

中央RC 「冬至にゆず湯楽しんで」 老人福祉センターに寄贈

社会

ゆずを手にする関係者ら
ゆずを手にする関係者ら
 鎌倉中央ロータリークラブ(山田嗣会長)は昨年12月22日、鎌倉市社会福祉協議会(冨田英雄会長)にゆずを寄贈した。

 これは同クラブが2005年から冬至に合わせて実施しているもの。今年は市内にある老人福祉センター5カ所で高齢者らに「ゆず湯」を楽しんでもらえるようにと、5kgずつを贈ったという。

 市福祉センターで行われた寄贈式には同クラブ会員のほか、鎌倉市や市社協の関係者が出席。ゆずを手にした冨田会長は「ひとつひとつの果実が立派で大変ありがたい。センターの利用者たちは『ゆず湯をやらないと一年が終わった気がしない』と常々言っているので、童心にかえって楽しんでくれると思う」とお礼を述べ、山田会長は「古くからの伝統を守るのは、難しいけれど大切なこと。これからも続けていければ」と話した。

鎌倉版のローカルニュース最新6件

鎌倉版の関連リンク

あっとほーむデスク

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク