鎌倉版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

能の魅力子どもたちに 児童ホームで出前講座

文化

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
動きに見入る子どもたち
動きに見入る子どもたち

 今年で61回目を迎える鎌倉薪能を控え、能楽師による「出前講座」が9月25日、鎌倉児童ホームで行われた。

 これは主催の鎌倉市観光協会が企画したもの。イベントの総合プロデューサーで金春流能楽師の山井綱雄さんが同施設を訪問。能の動きから「寝ている」「悲しい」「刀を持って戦っている」など、何を表しているかを当てるクイズを行ったほか、能の演目である『高砂』を子どもたちと一緒に歌った。

 山井さんは「こうした機会に伝統芸能に触れることで、将来、子どもたちが薪能を見に来てもらえたら」と話していた。

 鎌倉薪能は10月11日(金)と12日(土)の2日間、鎌倉宮(二階堂154)境内で開催される。両日とも午後5時開場、6時開演。雨天中止。

 人間国宝の野村万作が両日出演。チケットはS席1万2千円、A席9千円、B席7千円(税込、解説入りパンフレット付き)。申し込みは【電話】0570・08・9966(午前10時から午後6時)、詳細は同協会【電話】0467・23・3050へ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

例大祭も「新しい様式」で

鶴岡八幡宮

例大祭も「新しい様式」で 社会

参列者限定、神輿は車で巡行

9月18日号

女優・原節子と山口淑子

女優・原節子と山口淑子 文化

川喜多映画記念館で特別展

9月18日号

「学生生活の思い出を」

「学生生活の思い出を」 文化

深沢ワン・パークで企画

9月18日号

精進料理通じ、学ぶ「食」

精進料理通じ、学ぶ「食」 文化

鎌倉彫会館で講座

9月18日号

愛称「ミライ」に

愛称「ミライ」に 社会

えのすいのバンドウイルカ

9月18日号

「両親への思い手紙にしよう」

「両親への思い手紙にしよう」 文化

28日まで紙で伝える展

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク