鎌倉版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣コラム【10】 ピロリ菌感染と胃内視鏡検査について 取材協力/柳川クリニック 柳川健院長

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
柳川 健 院長
柳川 健 院長

 Q・56歳男性です。2年前に胃内視鏡検査を受けた際、ピロリ菌感染を指摘され除菌療法を受けました。1度除菌が成功したら、再度ピロリ菌が感染することはないのでしょうか?

 A・ヘリコバクターピロリ菌(以下ピロリ菌)は、水や食べ物によって口から入って胃に感染する細菌です。この菌が胃の粘膜に生息すると慢性胃炎になり、胃潰瘍や胃癌になりやすいです。

 以前は、井戸水など菌に汚染された水を飲む事で感染することが多かったです。しかも、6歳以下の乳幼児期に感染する事が多く、ほとんどの人は2、3歳までに感染したと考えられています。それは、小さな子どもの胃の酸度が低いためです。現在の日本では、大人が子どもへ口移しで食べ物を与える事でピロリ菌感染する事が多いと考えられています。ただし、1984年にピロリ菌を発見し、後にノーベル賞を受賞したマーシャル先生は、自らピロリ菌の培養液を飲んで胃潰瘍となり、成人でも菌数が多ければ感染が成立する事を実証しています。

 今回のご相談者は、2年前に除菌療法を受けてピロリ菌がいなくなっていれば、基本的には今後感染する可能性はほとんどありません。ただし、除菌療法後に各種検査(呼気検査や便中抗原検査等)にてピロリ菌の反応が陰性になっても、実際には少量の菌が残っている事もあります。

 胃内視鏡検査で胃の粘膜状態を見ると、ピロリ菌が感染しているか否か多くの場合は分かります。また、除菌療法後には胃の病気にならないというわけではありませんので、ぜひ除菌後も定期的に胃内視鏡検査を受けて下さい。

医療法人社団健生会 柳川クリニック

〒248-0035鎌倉市西鎌倉1-18-3

TEL:0467-33-0857

http://www.kens-clinic.jp/kamakura/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com/

<PR>

鎌倉版のピックアップ(PR)最新6

新たに7品目が「推奨品」に

鎌倉商議所

新たに7品目が「推奨品」に

4月1日からパンフレット配布

2月26日号

コロナの今だから腎臓を考えよう

湘南鎌倉総合病院

コロナの今だから腎臓を考えよう

3月11日、鎌倉芸術館で

2月26日号

「お湯が出ない」その前に

「お湯が出ない」その前に

給湯器3万円下取り

2月12日号

今年のバレンタインは「カカオバーガー」で

今年のバレンタインは「カカオバーガー」で

2月いっぱい読者フェア開催

2月5日号

少人数・家族葬なら「瑞光殿(ずいこうでん)」

相談無料

少人数・家族葬なら「瑞光殿(ずいこうでん)」

適正価格で安心・納得の葬儀

2月5日号

屋根等の修理が実質0円

低気圧・台風等自然災害は火災保険対象 保存版

屋根等の修理が実質0円

損害金の内々の工事なので安心

2月5日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

  • 1月29日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク