鎌倉版 掲載号:2020年6月26日号 エリアトップへ

今年の「ミス鎌倉」は中塚さん、森田さん

文化

掲載号:2020年6月26日号

  • LINE
  • hatena

 今年のミス鎌倉が中塚星来さん(22)、森田観菜美さん(18)の2人に決まった。本来は4月の「鎌倉まつり」でお披露目される予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて約2カ月遅れの6月22日、鎌倉商工会議所で認定式が行われた。今後の活動も不透明だが、2人は「こんな時だからこそできることを」と意気込む。

「大好きな鎌倉に恩返しを」中塚星来(せいら)さん(22)横浜市

 「ミス鎌倉のイメージは気品があって美しい人。昔から憧れの存在だった。もし自分がなれたらきっと成長できると思って応募した」

 中学から鎌倉市内の学校に通い、授業などでも鎌倉の歴史や文化を学んできた。建長寺の最深部に鎮座する半僧坊がお気に入りの場所だ。「天狗の像がたくさんあって、写真を撮るのにもぴったり。まだまだ知られていない魅力を多くの人に伝えて、鎌倉に恩返しがしたい」という。

 新型コロナの影響で活動は大きな制約を受けている。当面は観光客も少なくなるが「例えば海外の人を対象にした『オンライン観光案内』など、この時期だからこそできることに挑戦してみたい」と前向きだ。

 幼い頃から昆虫や植物が大好きで、大学では生命理工学部で学ぶ。目下の研究課題は昆虫の腸内細菌。「生物の進化のメカニズムを解き明かすことで、新型コロナのような問題を解決する一助になれば。将来は医療にかかわる仕事につきたい」

「明るさ武器に鎌倉をPR」森田観菜美(みなみ)さん(18)横浜市

 抹茶のデザートが大好きで、これまでも小町通りの散策などを楽しんできた。「鎌倉は何度訪れても飽きない大好きなまち」と笑顔で語る。

 高校時代はチアダンスに打ち込み、全国大会にも出場。「努力したことは必ず報われる、と思えたことが自分にとっての財産」と振り返る。

 また成果を出すため、多くの仲間たちとディスカッションを重ねたことで「コミュニケーションに自信が持てた」

 その言葉通り、22日に行われた認定式でも、観光協会関係者や報道陣を前に、今後の抱負を堂々とスピーチ。「人と会うこと、人前に立つことは好きなので、それを活かして鎌倉をPRしたい」

 「ペットの美容師」トリマーを目指して4月に専門学校に進んだばかり。しかしここでも新型コロナの影響で通学は週3回、あとはオンラインでの授業を余儀なくされている。「悔しいけれど、今できることを一生懸命やりたい」。持ち前の明るさ、前向きさで夢へと邁進中だ。
 

鎌倉版のローカルニュース最新6

冬休みも短縮に

冬休みも短縮に 教育

市立小中学校で

7月3日号

スタンプ使って手洗い習慣化

スタンプ使って手洗い習慣化 社会

市内保育園などで活用

7月3日号

「魚に恋して鎌倉を愛して」

「魚に恋して鎌倉を愛して」 経済

台在住・八鳥洋二さん

7月3日号

ハイキングコース一部通行再開

ハイキングコース一部通行再開 社会

浄智寺〜葛原岡神社など

7月3日号

「元気に育ってね」

「元気に育ってね」 文化

神戸川でカルガモ子育て中

7月3日号

寄贈

寄贈 社会

7月3日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク