鎌倉版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

特別展 近代建築の魅力じっくり 鎌倉文華館で29日から

文化

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
平家池越しに見た南外観(上)、ピロティ部分(下)=同館提供
平家池越しに見た南外観(上)、ピロティ部分(下)=同館提供

 鎌倉文華館鶴岡ミュージアム(雪ノ下)で、特別展・重要文化財指定記念「ひらかれたミュージアム〜坂倉準三の原点」が5月29日(土)から開催される(7月25日まで)。

 同ミュージアム(旧神奈川県立近代美術館)はモダニズム建築の巨匠・坂倉準三の設計により、1951年に国内初の公立近代美術館として開館した。今回の展示は同館が2020年に国の重要文化財に指定されことや、今年が坂倉の生誕120年に当たることを記念して企画された。

 展示では、建物に込められた坂倉の思いを図面やスケッチなどで紹介。普段立ち入ることができない部分を開放し、ゆっくり見学も可能。また館内に坂倉デザインの家具を配置し、空間そのものの魅力を体感できる。

 展示期間中は館内の撮影も一部を除き可能。午前10時から午後4時30分。月曜休館。入館料800円。■(問)【電話】0467・55・9030

鎌倉版のローカルニュース最新6

鎌倉も再び対象区域に

まん延防止措置

鎌倉も再び対象区域に 政治

7月23日号

「ハスドル」登場

店内で写真展

店内で写真展 社会

地域コミュニティーの場に

7月23日号

地元を愛し、地域盛り上げる

地元を愛し、地域盛り上げる 社会

 チーム腰越 独自の活動通じ

7月23日号

学校生活の一コマ募集

鎌倉学園

学校生活の一コマ募集 教育

記念誌製作向け掲載写真

7月23日号

西鎌の魅力を動画に

西鎌の魅力を動画に 教育

最優秀賞はサコさん

7月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter