鎌倉版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 キャスト続々発表

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
主演の小栗旬さん=NHK提供
主演の小栗旬さん=NHK提供

 鎌倉幕府2代執権・北条義時を小栗旬が演じる2022年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。昨年からキャストが発表され、7月8日には第4次出演者が明らかになった。

 タイトルにもなり、源頼朝の死後、鎌倉幕府の集団指導体制として組織された「十三人の合議制」の13人には、坂東彌十郎=北条時政、佐藤二朗=比企能員、中村獅童=梶原景時、野添義弘=安達盛長、横田栄司=和田義盛、佐藤B作=三浦義澄、小林隆=三善康信、栗原英雄=大江広元らに決まった。

 源頼朝、北条政子は大泉洋、小池栄子がそれぞれ演じ、義経には菅田将暉、頼朝の娘・大姫には南沙良、その婚約者・木曽義高に市川染五郎があたる。

 注目を集めたのが、義時の初恋相手・八重を演じる新垣結衣。大河ドラマ初出演となる。

 まだ発表されていない主要人物に、源実朝、後鳥羽天皇、弁慶、静御前などがあげられる。実朝は頼朝の次男で、12歳で征夷大将軍に就くが、鶴岡八幡宮で暗殺された人物。また後鳥羽上皇は義時に対して討伐の兵をあげ、承久の乱へと至った人物だ。ともにドラマのキーになりそうで、キャスト発表が待たれる。義経と行動を共にする弁慶、鶴岡八幡宮で舞ったとされる静御前のキャストも気にかかるところ。

 そして、絶世の美女とされる義時の正室・姫の前の発表も注目される。頼朝とも縁が深く、SNSで話題になっている。

鎌倉版のローカルニュース最新6

学校が苦手なあなたに

学校が苦手なあなたに 教育

下馬に新たな「居場所」

5月13日号

自治会で防災ボトルを

話題のグッズ

自治会で防災ボトルを 社会

名入れ、オリジナルも

5月13日号

鎌倉駅周辺で平和パレード

バラ咲く庭園楽しんで

チャリティー企画

バラ咲く庭園楽しんで 文化

5月13日号

2年越しのコラボ合唱

2年越しのコラボ合唱 文化

清泉女学院音楽部OG

5月13日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月13日号

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook