神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2021年9月10日 エリアトップへ

今こそ防災! 学生が伝える地域防災 防災普及学生団体 玄海

社会

公開:2021年9月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
中里さん(左)と橋本さん=展示会場で
中里さん(左)と橋本さん=展示会場で

 現在、MUJIcomホテルメトロポリタン鎌倉で、企画展「始めよう、僕らと防災。」が開催されている。同店と共に展示を行うのは、防災普及学生団体「玄海」だ。

 稲村ガ崎在住の中里海人(うみと)さん(18)と台在住の橋本玄(はるか)さん(15)が今年2月に結成し、十二所や西鎌倉などの自治会町内会と共に、危険箇所を実際に歩いて確認し、地域の防災情報を動画で発信。また「若い世代にも楽しく学んでほしい」とゲーム性のある「防災アドベンチャー」を8月に実施するなど、「防災の堅いイメージを壊すような」企画に取り組む。

 共に被災地のために活動する父の姿に影響を受け、防災への関心を高めたという2人。「3・11から3年後の被災地がまだがれきの山だったことに衝撃を受け、防災の大切さを実感した」と中里さん。橋本さんは、6月に防災士の資格を取得。企画では橋本さんが防災知識を、中里さんが撮影や編集などを担当する。

大切なのは体験

 2人が訴えるのは、自分の足で避難を体験してみること。「ハザードマップを確認したことがある人は多いが、実際にどのルートで逃げるかまでは考えている人は少ない。崖崩れなどで通れない可能性もある。ぜひ一度歩いてみてほしい」と強調。また、「自治会町内会などからのご依頼もお待ちしています。一緒に防災を考えていけたら」と呼びかける。

9月の防災月間にちなんで市内の取り組みを紹介します

◀︎ホームページでは8分で津波から逃げるチャレンジ動画などを掲載。アンケートも9月末まで実施中。
◀︎ホームページでは8分で津波から逃げるチャレンジ動画などを掲載。アンケートも9月末まで実施中。

鎌倉版のローカルニュース最新6

アーティストが一堂に

アーティストが一堂に

29・30日 大船駅西口で

6月16日

多様な学びを考える

多様な学びを考える

8月にシンポジウム開催 

6月14日

鎌倉市 話した言葉を文字表示

聴覚障害、高齢者へ配慮

鎌倉市 話した言葉を文字表示

6月14日

高校野球の組み合わせ決定

高校野球の組み合わせ決定

168チーム、来月7日開幕

6月14日

玉縄城の歴史を1冊に

玉縄城の歴史を1冊に

まちづくり会議が刊行

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook