鎌倉版 掲載号:2021年11月26日号 エリアトップへ

フレイル予防講演会を開催「老人クラブ活動は有効な対策」 東京都健康長寿医療センター・金憲経氏が登壇

社会

掲載号:2021年11月26日号

  • LINE
  • hatena
フレイル予防について講演する金氏
フレイル予防について講演する金氏

 みらいふる鎌倉は8月2日、「フレイル予防講演会」をきらら鎌倉(生涯学習センターホール)で開催し、90人が参加しました。東京都健康長寿医療センターの研究部長を務める金憲経(キム・ホンギョン)氏が『コロナ禍におけるフレイル予防について』講演し、参加者たちは熱心に耳を傾けていました。

 日本の現在の平均寿命は男性81歳、女性87歳。自立した生活ができる健康寿命は男性72歳、女性75歳。登壇した金氏は、「日本ではその健康寿命を、2040年までに3年以上延ばす目標を掲げている」と説明し、健康寿命延伸のために厚生労働省が「介護予防・フレイル対策」および「認知症の予防」について計画をまとめたことを参加者に伝えました。

フレイルって何?

 フレイル(虚弱)とは、健康な状態から加齢・疾患等により要介護状態に至るまでの状態を言います。

 「フレイルに適切に対応すれば健康状態に戻ることも可能であり、フレイル予防をしっかり行うことが健康寿命の延伸につながる。一方でフレイル状態をそのまま放置すれば、要介護状態に直行してしまう」(金氏)

 フレイルは【1】身体的フレイル(体重減少・疲労・筋力低下など体力的な衰え)【2】心理的フレイル(鬱・健康の衰え)【3】認知的フレイル(記憶力低下・情報処理機能低下・適応力低下による衰え)【4】社会的フレイル(孤立・孤食・付き合い減少など社会参加低下による衰え)に分類されます。この中で健康寿命延伸に1番のポイントは社会的活動であり、「老人クラブ活動を活発に行うことは大変有効な対策のひとつ」と金氏は指摘しました。

対策の柱は?

 フレイル対策の柱は、運動、栄養、社会活動、病気治療です。

 運動は、筋力や筋量の維持と低下を防ぐので、継続的に行うことが重要です。運動不足は、歩行障害、転倒などによる骨折などで要介護状態に近づきます。

 栄養は筋量維持のため、肉・魚などたんぱく質の摂取が重要です。社会活動は趣味、ボランティア活動、老人クラブ活動などで対人交流することが対策につながります。また、何らかの疾病がある場合には、適切な治療をすることでフレイル予防になります。

 金氏は、「フレイルを予防・改善するためには、歩行機能の維持や筋力強化運動の実践、たんぱく質やアミノ酸などの適切な栄養補給、日頃からの認知機能維持・向上への努力が必要です」と締めくくりました。

みらいふる鎌倉 体操する会員
みらいふる鎌倉 体操する会員

鎌倉版のローカルニュース最新6

2年分の思いを歌声に

2年分の思いを歌声に 文化

第九演奏会 動画で公開

1月28日号

モノレールで魅力発信

松竹記念作など上映

鎌倉同人会

松竹記念作など上映 文化

3月9日 鎌倉芸術館で

1月28日号

梅香が漂う荏柄天神社

躍進の裏に「自作動画」

鎌倉高校・男子バスケ部

躍進の裏に「自作動画」 スポーツ

結束力高め8年ぶり県へ

1月28日号

女性の心身 無料で相談

2月3日

女性の心身 無料で相談 社会

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松竹記念作など上映

鎌倉同人会

松竹記念作など上映

3月9日 鎌倉芸術館で

3月9日

鎌倉版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook