神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2022年8月12日 エリアトップへ

今夏の旅先は本の世界 鎌倉の書店などを紹介

教育

公開:2022年8月12日

  • X
  • LINE
  • hatena

 地元でゆっくり過ごすという声も多い今年の夏。時間がある時だからこそ、本の世界に浸ってみてはいかが。昔から文士の多い鎌倉の街だが、こだわりの専門書店や県優良図書が多数ある地元出版社もある。

しかけ絵本の店魅力を動画で

 2006年に日本初のしかけ絵本専門店としてオープンした「メッゲンドルファー」(由比ガ浜2の9の61)には、幼児から大人まで幅広い世代を対象とした、700種類以上の本を取り扱っている。店内には実際に触れられる見本も多数。中には「鎌倉 段葛 のぞきからくりえほん」という店独自で企画した鎌倉らしい絵本もある。

 また、出版取次大手の株式会社トーハンが運営するYouTubeチャンネル「出版区」でも、「ほんやさんぽ第7弾」として同店を紹介=上写真。しかけ絵本のルーツや店の歴史、オススメ本紹介などを自宅にいながら楽しむことができる。

県の優良図書

 県では、青少年にオススメの本を選出する「神奈川県児童福祉審議会推薦優良図書」を毎年発表している。佐助にある出版社「(株)銀の鈴社」では、昨年に続き今年も3冊の本が選ばれた。いずれの本も鎌倉市在住者が携わっている。

 小学校高学年以上対象が2冊。『さーさーさーと雨の音』(寺床美保子著、阿見みどり絵)は、日本の野の花を全編にちりばめた子ども向け短編集。『WANIMARU和爾丸 南洋航海記』(小林珍雄著、瀧澤潔訳)は日本海洋団の通訳として、英・米・仏・蘭の植民地の少年団との交歓・平和外交の記録。

 中学生以上対象で選ばれた1冊は『14歳からの哲学サロン 古きをたずねて新しきを知る』。(板生いくえ著)。自分らしく生きること、哲学者アリストテレスの考え、西洋と日本の文化の違いにも触れた哲学入門書ともいえる一冊だ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

山田洋次監督作品を上映

山田洋次監督作品を上映

4月12日 鎌倉芸術館

2月27日

未来の小町通り学生が景観提案

4日〜展示

未来の小町通り学生が景観提案

2月25日

小学生バンドジャズ演奏会

小学生バンドジャズ演奏会

9日 芸術館

2月24日

鶴岡八幡宮と段葛の歴史

鶴岡八幡宮と段葛の歴史

3月14日に講演会

2月23日

点訳者養成講座参加者を募集中

てんとう虫の会

点訳者養成講座参加者を募集中

2月23日

3月9日にコンサート

鎌倉交響楽団

3月9日にコンサート

2月23日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

鎌倉版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook