神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年1月20日 エリアトップへ

鎌倉市消防 救急出動が過去最多に

社会

公開:2023年1月20日

  • X
  • LINE
  • hatena

 鎌倉市消防本部は、2022年に市内で発生した災害概要を公表し、1年間の救急出動件数が過去最多だったことがわかった。

 2022年の救急出動件数は1万1935件で、前年の9387件から2548件(27・1%)増加。19年以来3年ぶりに1万件を超え、過去最多を記録した。これに伴い搬送人員も、前年の8835人から1万1276人に増加した。

 過去最多の救急件数について市消防本部は、新型コロナウイルスの影響を要因として挙げる。新型コロナが流行し始めた20年と21年は、緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が発令され、社会経済活動が大きく制限されたことで減少。一方で22年は、「行動制限が緩和され、新型コロナの感染が再拡大したことにより、過去最多になった」と分析する。

 火災件数は、前年から1件増の27件。出火原因は、電気関係とストーブが各4件で、こんろ(天ぷら油含む)3件、たばこ2件、放火(疑い含む)1件、その他・不明・調査中が13件だった。また火災による死者は1人、負傷者が3人だった。

救急車の適正利用を

 市消防本部によると、救急要請の多発で、市内に8隊ある救急隊がすべて出動することもあり、臨時に組成した1隊が対応することもあるという。市消防本部は、「現場到着までに時間がかかる恐れもあるので、救急車の適正利用を」と呼びかけている。

 また鎌倉市は、24時間対応の医療機関案内(【電話】0467・24・0099)を設置している。電話した時間帯に受診できる医療機関を紹介しており、発熱や軽いけがなど緊急性が低い時の活用を勧めている。

鎌倉市シルバー人材センター

鎌倉市在住で、健康で働く意欲のある60歳以上の方を募集中。説明会を随時実施中。

https://webc.sjc.ne.jp/kamakura/index

公益社団法人 大日本弓馬会

鎌倉時代より受け継がれる日本弓馬術の発展を

http://yabusame.or.jp/

<PR>

鎌倉版のローカルニュース最新6

「放っておかないで」

下肢のむくみ、かゆみ

「放っておかないで」

7月7日 藤沢商工会館で無料講座

6月23日

海外の絵本文化に触れよう

海外の絵本文化に触れよう

9日 御成町でイベント 

6月22日

能登の経験を地域へ

30日

能登の経験を地域へ

湘南鎌倉医療大で防災講座

6月21日

SDGsは「社会変革」

SDGsは「社会変革」

笑下村塾代表 たかまつななさん

6月21日

水泳プール7月1日〜

鎌倉海浜公園

水泳プール7月1日〜

6月21日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月21日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook