神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
鎌倉版 公開:2023年5月12日 エリアトップへ

「次は湘南版」ウィンメルブック 5月末までクラファン

教育

公開:2023年5月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
第1弾の鎌倉版と今回のCFチラシ
第1弾の鎌倉版と今回のCFチラシ

 実在する街の景色の中に、住む人やキャラクターなどを細かくユーモアを交えて描いた文章のない絵本「ウィンメルブック」の湘南版を制作するため、5月末までクラウドファンディング(CF)が実施されている。主催するのは、昨年鎌倉のウィンメルブックを制作したセノアトリエ(大町)だ。

 ドイツ語圏で親しまれているウィンメルブックは、文章がない分、読み手が絵から物語を想像したり、キャラクターや小ネタを探したりと自由に楽しむことができる。

 制作中の湘南版に登場するのは、大磯・平塚・茅ヶ崎・辻堂・藤沢・江の島・鎌倉の7エリア。大磯海水浴場、湘南ひらつか七夕祭り、湘南ベルマーレ、サザンビーチちがさき、テラスモール湘南、江ノ電、新江ノ島水族館、小田急、江ノ島シーキャンドルなどを候補に構想中。絵を担当するのは、紅白歌合戦のイラスト入りプログラムを7年にわたり担当している梶谷牧子さん(市内在住)だ。

 セノアトリエの妹尾和乃代表(七里ガ浜東在住)は、その土地の風景や祭りなどの「市民の暮らしこそ、ウィンメル絵本向き。知っている場所や文化だから楽しめる」と話す。

 CFでは、絵本購入のほか、自分や家族、店を絵本に描いてもらう権利を得られるなどのプランが用意されている。目標金額は230万円。詳細はCFサイト「GREEN」の「湘南ウィンメルブック」のページへ。

鎌倉版のローカルニュース最新6

アーティストが一堂に

アーティストが一堂に

29・30日 大船駅西口で

6月16日

多様な学びを考える

多様な学びを考える

8月にシンポジウム開催 

6月14日

鎌倉市 話した言葉を文字表示

聴覚障害、高齢者へ配慮

鎌倉市 話した言葉を文字表示

6月14日

高校野球の組み合わせ決定

高校野球の組み合わせ決定

168チーム、来月7日開幕

6月14日

玉縄城の歴史を1冊に

玉縄城の歴史を1冊に

まちづくり会議が刊行

6月14日

文化芸術情報を一冊に

神奈川県

文化芸術情報を一冊に

県内イベントを紹介

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

鎌倉版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook