足柄版 掲載号:2011年1月22日号
  • googleplus
  • LINE

南足柄市 災害対応型の体育館が完成 岡本中学校で完成落成式

半地下で周囲の日照権に配慮
半地下で周囲の日照権に配慮

 老朽化から安全性確保のために建替工事が進められていた岡本中学校(池田和男校長)の体育館がこのほど完成し、1月15日には生徒、学校関係者らが参加して新体育館落成式を開催した。

 生徒や学校関係者、工事関係者が出席した式典には、沢長生市長、川上賢治県議会議員ら来賓も駆けつける中、寄贈品の贈呈、建設経過報告、校歌斉唱などが行われ、新体育館の完成を祝った。

 平成21年10月から着工し、平成22年12月に完成した新しい体育館は、建築面積=1428・75平方メートル(延べ床面積1553・59平方メートル)、鉄骨鉄筋コンクリート造、地上2階、アリーナ面積=914・97平方メートル、アリーナ天井高=9・50平方メートル、屋根=平滑式瓦棒屋根(フッ素アルミ)、外壁=コンクリート打放し・複層塗装、内部壁(アリーナ部)=シナ合板、床(アリーナ部)=鋼製床地・カバ材フローリング。住宅が多く隣接する周辺環境に配慮し、半地下に造られ、建物全体の高さが抑えられている。設計調査・設計・工事監理・工事費は3億7千8百万円。

 競技などが行いやすいようにアリーナ(運動施設部)の天井を確保する造りになっている。また、コートはバレーボール、バスケットボールが同時に行えるように2面あり、ウォーミングアップなど多目的に利用できる空間も設けられている。

災害時には
地域の防災拠点に


 また、災害時に地域の防災拠点となることが考慮され、外部発電機による電気供給や緊急電話が接続できる。また災害時の非難生活に配慮し、照明は調光機能も装備している。体育館入口はバリアフリーになっており、省エネに繋がる自動照明を備えた、車いす対応の「みんなのトイレ」を設置。池田校長は「生徒、学校関係者、地域の方の20年来の願いが叶った。いつまでも大切に使っていくことで工事に携わった多くの方々に感謝の気持ちを伝えたい」と話した。

I000021580.jpg

木材を多用した内部

足柄版のトップニュース最新6件

土地利用、手続き大詰め

南足柄市道の駅計画

土地利用、手続き大詰め

1月20日号

映画でまちおこし

18年度に実施設計へ

(仮称)大井中央公園

18年度に実施設計へ

1月13日号

「昨年の5倍増」

2018年春県内スギ花粉飛散量

「昨年の5倍増」

1月13日号

「隠れ待機」明らかに

おめでとう!新成人

本紙発行エリアで1,070人が門出

おめでとう!新成人

1月6日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

松田町で2月4日開催へ

アシガラマルシェ

松田町で2月4日開催へ

第5回「情報発信基地」をテーマに

2月4日~2月4日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月20日号

お問い合わせ

外部リンク