神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年4月6日 エリアトップへ

山北町立川村小 学習机の天板、町産材に 「町の林業身近に」

社会

公開:2024年4月6日

  • X
  • LINE
  • hatena
天板が交換された学習机を紹介する町職員
天板が交換された学習机を紹介する町職員

 新年度から山北町立川村小学校では、6年生が使用する学習机の天板が町産材で作られたものに交換された。森林が全体面積の約9割に上る同町の林業について児童に理解し、親しみを持ってもらうことが目的。

 町では、木製品に触れることで木材の良さや林業の意義を学んでもらう「木育」を強化してきた。具体的には町立の幼稚園等に木製品の設置しており、同校でも町内のNPO法人「共和のもり」の協力を得て5年生が町内の森林で木の切り倒し体験などに取り組んでいる。指導にあたった教員は「子ども達は実際に木に触れる経験があまり無いので良い機会になっている」と話す。

 町農林課でも木育の一環として、教育委員会と連携して天板交換の検討を進めてきた。木材利用の促進や普及啓発等、森林に関する事業に使用することができる「森林環境譲与税」を活用して交換することが決まった。

 今回交換したのは昨年度に木の切り倒し体験をした6年生が使用する机65枚。町農林課の担当者は全てを町産材で作ることが重要だとし「町の林業について学んだ児童が実際に自分達が住んでいる地域の木でできた机を使うことで林業への理解や親しみを深めてくれるのでは」と語った。

 天板には虫食い被害が少ないとされる世附地区で採れたヒノキが使われているほか、天板の裏には同町のマスコットキャラクター「でごにぃ」が刻印されている。支援級には同じ木材を使った学習用タブレットを収納する棚が設置された。

 来年度以降も、順次新6年生が使用する机の天板を町産材に交換していく予定。

足柄版のトップニュース最新6

中学生の学習サポート

大井町在住水野修身さん

中学生の学習サポート

教諭経験、町制度で生かす

5月18日

絵は南足柄・山田さん

大谷翔平ものがたり

絵は南足柄・山田さん

図書館では特集展示中

5月18日

再エネ電力使い脱炭素化

南足柄市清掃工場

再エネ電力使い脱炭素化

CO2削減効果は年624t

5月11日

新体育施設 来年3月完成

山北町

新体育施設 来年3月完成

武道と集いの空間に

5月11日

英語スキル向上を後押し

開成町

英語スキル向上を後押し

全町民に検定受験料補助

5月4日

大井の「コンシェル」に

お笑い芸人スベリィさん

大井の「コンシェル」に

移住定住促進を担当

5月4日

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook