神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2011年7月30日 エリアトップへ

JICA青年海外協力隊から帰国した 小澤 泰介さん 松田町在住 36歳

公開:2011年7月30日

  • X
  • LINE
  • hatena

途上国でスキル活かす

 ○…JICAの青年海外協力隊員として派遣されていたパラオ共和国から、2年間の任期を終えてこのほど帰国した。ミクロネシアにある200以上の島々からなる同国。現地では首都マルキョクで、政府のコンピュータシステムの運用指導を担当した。「良いパソコンを導入しているのに、運用の知識を持った人がいないためデータ管理がずさん。ウイルスに感染したパソコンもあり、驚きました」。専門家として頼られ、ホームページ作成からカレッジのコンピュータクラスでの講師まで、次々に依頼が舞い込んできたという。「今回の経験を活かし、会社でBOPビジネスの推進などをやっていけたら…」。途上国への思いは尽きない。

 ○…松田町出身。世界史や世界の地理が好きな子どもだった。松田中から小田原高校、東京工大へと進み、大学時代にはバックパッカーとしてアジア圏を中心に10カ国以上を回った。「その頃から途上国の現状や”海外から見た日本”を意識するようになった」という。システムエンジニアとして日本IBMに勤めるなかで「このスキルを途上国に役立てられないか」と思い、青年海外協力隊に応募した。一度は条件が合わず断念したが、2008年に再度応募し、パラオ行きを決定。会社を休職し、JICAの訓練所での2ヵ月の訓練を終え、パラオへ旅立った。

 ○…「パラオ人は日本に好意的。戦時中に日本が統治していた頃の影響で”ダイジョウブ””デンキ”などの言葉が日常的に使われていたり、料理に”ニツケ”があったり。”トシオ”のように日本名をつけているパラオ人もいました。ふとした所で日本の姿が見えるのが嬉しかった」。パラオでは釣りやダイビングをおぼえ、マラソンやトライアスロンの大会にも出場した。「小さな島なので、みんな知り合いになる。親戚の集まりも頻繁で、地域社会が密接。機会があれば、また行きたい」。優しい瞳の奥に南国の人々と海が浮かんだ。
 

足柄版の人物風土記最新6

柳瀬 敦さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

柳瀬 敦さん

茅ヶ崎市在住 59歳

5月25日

山崎 美恵子さん

山北ジュニアコーラスの代表として子どもたちの指導にあたる

山崎 美恵子さん

山北町山北在住 67歳

5月18日

本間 裕章さん

松田町大名行列保存会の役員として積極的に地域文化の伝承に努める

本間 裕章さん

大井町上大井在住 68歳

5月11日

石井 彰次さん

山北高校野球部に復刻ユニを寄贈するOB会の会長を務める

石井 彰次さん

湯河原町在住 59歳

5月4日

井上 三史さん

創立30周年を迎える開成町パークゴルフ協会の会長を務める

井上 三史さん

開成町吉田島在住 72歳

4月27日

小島 賢次さん

6月に初の写真教室を開く南足柄市写真協会の会長を務める

小島 賢次さん

南足柄市和田河原在住 71歳

4月20日

あっとほーむデスク

  • 5月25日0:00更新

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook