神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2013年1月5日 エリアトップへ

第46回衆議院議員選挙で初当選した 牧島 かれんさん 小田原市本町在住 36歳

公開:2013年1月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

国会に咲く かれんな一輪

 ○…はつらつとした笑顔、しなやかな立ち居振る舞い。「あたたかく、元気になる色がいい」と、鮮やかなピンク色をまとい、地域の隅々まで足を運び対話し続ける。代議士として国会へ向かう今、「丁寧な議論により政策を打ち出し、ぶれずに芯のある政治をしたい」と意気込みを語った。

 ○…横須賀で生まれ、県会議員の牧島功氏を父に持つ。政治家の家で育ったこともあり、自然と「政治に携わり人々の生活や命を守りたい」と思いを抱くようになったという。大学院では政治学を学び、留学先のワシントンで同時多発テロを目撃。帰国後も大学で教鞭をとる傍ら、国際基督教大学大学院で博士論文を提出した。「学問」から「実践」へ舞台を移したのは2008年。元衆院議長の河野洋平氏から後継者に指名された。「突然のことでしたが、しっかりと皆さんの輪の中で頑張っていくと決意しました」と振り返る。

 ○…小田原を「故郷のよう」と話す。好きな食べ物はアジフライとみかん。「人の温かさをすごく感じました。皆さんがお父さん、お母さんになって育ててくれた」と感謝する。みかんの収穫に招かれたり、一人暮らしを心配して「朝ご飯の納豆を買っておいたよ」と届けてくれる支援者も。河野氏の後継者といえども、すぐに「地盤」とは呼べなかった日々。それでも持ち前の明るさときめ細やかな人柄が地域に受け入れられ、いつしか「かれんちゃん」の愛称で親しまれていた。

 ○…専門は教育と外交。「外交・安全保障上の戦略をもう一度作り直すことが、私の果たさなければならない使命の一つ」と声に力が入る。活動を通し、エネルギーや社会保障の問題にも携わるようになった。また「観光も大きな政策。地域の魅力を世界に発信したい」と目を輝かせる。華やかな外見からは想像がつかないほど、政策を語る姿は力強い。深い知性と芯の強さを感じさせる女性が、神奈川17区から国政へ出発する。
 

足柄版の人物風土記最新6

山崎 美恵子さん

山北ジュニアコーラスの代表として子どもたちの指導にあたる

山崎 美恵子さん

山北町山北在住 67歳

5月18日

本間 裕章さん

松田町大名行列保存会の役員として積極的に地域文化の伝承に努める

本間 裕章さん

大井町上大井在住 68歳

5月11日

石井 彰次さん

山北高校野球部に復刻ユニを寄贈するOB会の会長を務める

石井 彰次さん

湯河原町在住 59歳

5月4日

井上 三史さん

創立30周年を迎える開成町パークゴルフ協会の会長を務める

井上 三史さん

開成町吉田島在住 72歳

4月27日

小島 賢次さん

6月に初の写真教室を開く南足柄市写真協会の会長を務める

小島 賢次さん

南足柄市和田河原在住 71歳

4月20日

遠藤 克也さん

松田警察署の署長に就任した

遠藤 克也さん

松田町在住 59歳

4月13日

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook