足柄版 掲載号:2014年10月25日号 エリアトップへ

顕微鏡、母から子へ 大井町の稲葉さん親子

教育

掲載号:2014年10月25日号

  • LINE
  • hatena
顕微鏡を覗く想くんと恵美子さん、左は一寸木園長=20日・大井町生涯学習センター展示室
顕微鏡を覗く想くんと恵美子さん、左は一寸木園長=20日・大井町生涯学習センター展示室

 大井町金子の稲葉恵美子さん(39)の実家で眠っていた35年前の顕微鏡が大井町生涯学習センターに持ち込まれ、「おおい自然園」の一寸木肇園長の調整で再び使えるようになった。顕微鏡は稲葉さんの息子・想くん(8)=大井小2年=の元に届けられた。

 持ち込まれた顕微鏡は恵美子さんの兄・菅野善博さん(46)が、小学生のころに父・善一郎さん(76)から贈られたもの。生き物や植物の観察が好きだった恵美子さんと2人で中学生の頃まで使い、その後は、福島県伊達郡国見町にある実家で眠ったままになっていたという。

 昨年の冬、恵美子さんが実家に帰省した際、「生き物観察が好きな想くんのために持っていったらどうか」と、顕微鏡がまだあることを父から聞き、今年7月に再び帰省した際に顕微鏡を持ち帰った。

 ところが顕微鏡を覗いてみると、明るさの調整などがうまくできないことが判明。生涯学習センターでちょうど顕微鏡の展示が行われていたこともあり、以前に親子で観察会に参加したことがあった「おおい自然園」の一寸木園長に相談した。園長がレンズのクリーニングや部品の締め直しなどの調整を行ったところ、再び使えるようになったという。

 恵美子さんは「息子は気になることがあるとすぐに調べたくなる性格。この顕微鏡を使って、家にあるものなど身近なものを一緒に観察してみたいです」と話し、想くんも「家の近くにある葉っぱなどを見てみたい」と喜んでいる。

 一寸木園長は「少し調整すれば使えるものが各家庭にはまだあるはず。ぜひそういったものを活用してもらい、自然観察などに活用してほしい」と話す。

足柄版のトップニュース最新6

小学校に図書寄贈

小学校に図書寄贈 文化

足柄ロータリークラブ

10月12日号

支え合い組織 より強固に

支え合い組織 より強固に 社会

南足柄市で発足式

10月12日号

コキアの里が開園

松田山

コキアの里が開園 社会

10月13日は紅葉まつり

10月5日号

三保小を川村小に統合

山北町

三保小を川村小に統合 教育

令和3年3月末に閉校へ

10月5日号

足柄勢が国体に挑む

足柄勢が国体に挑む スポーツ

茨城県できょう開幕

9月28日号

森林資産を有効活用

森林資産を有効活用 経済

南足柄市 林業6次産業化

9月28日号

パナック工業で降灰体験

パナック工業で降灰体験 社会

収録動画の無償提供も

9月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「郷土のいだてん」足跡を展示

「郷土のいだてん」足跡を展示

12日から 松田町民センター

10月12日~10月18日

足柄版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク