足柄版 掲載号:2015年6月27日号 エリアトップへ

大雄山駅前ヴェルミ ピアゴ撤退へ 新テナントに「好感触」

経済

掲載号:2015年6月27日号

  • LINE
  • hatena
市の中心部の商業施設として親しまれている
市の中心部の商業施設として親しまれている

 大雄山駅前の複合商業施設「ヴェルミ」の中核店舗「ピアゴ」(ユニー(株)・本社=愛知県稲沢市)が2016年7月で撤退し、新たなキーテナントが出店する方向で調整が進んでいることがわかった。

 ピアゴは生鮮食品や衣料、雑貨などを扱う大型店舗として、1996年の開業からおよそ20年にわたり市民の日常を支えてきた。今月18日にビルを管理運営する大雄山駅前開発(株)(加藤修平市長)と南足柄市、店舗関係者などに閉店の意向が伝えられた。

 大雄山駅前の再開発事業として1996年に完成したヴェルミは3棟からなる複合商業施設。キーテナントのピアゴをはじめ、金融機関や病院、飲食店、小売店、行政施設などが入居し、大型駐車場も備えている。

 施設を管理する大雄山駅前開発(株)は、1989年に設立された第3セクターで、南足柄市が資本金の51%を出資する筆頭株主として経営に深く関与している。

 ピアゴの親会社であるユニー(株)との賃貸借契約が2016年7月に満了するため、昨年6月には加藤市長と大雄山駅前開発(株)の幹部が愛知県内のユニー本社を訪問し、社長をはじめとする経営幹部と会い、契約更新について話し合いを持った。昨年12月の市議会本会議で加藤市長は「ピアゴ大雄山店は地域のにぎわいの核となる商業施設」との見解も述べていた。

 本紙の取材にユニー(株)関東事務所は「来年7月以降の契約満了に伴い、更新はしない。来年5月頃に店舗を閉店する」との見通しを話した。

ユニーに「感謝」

 大雄山駅前開発(株)によると、18日に開かれた同社の取締役会で「契約を更新しない」とするユニー側の意向が報告された。本紙の取材に同社は「これまで20年にわたり営業して頂いたユニーには感謝しています。その後のテナントも市民の皆さまの期待に応えられるよう関係事業者と調整し好感触を得ている」とした。

 南足柄市は6月18日の市議会全員協議会で、ユニー側の意向を議員全員に伝えた。市は「非常に残念な結果になった」としている。


 

足柄版のトップニュース最新6

電動軽量で負担減を

南開工業(株)

電動軽量で負担減を 社会

草の家へ車いす寄贈

11月28日号

ダム建設時以来の中止

世附百万遍念仏

ダム建設時以来の中止 文化

600年続く伝統行事

11月28日号

小・中学校へハンドジェル

足柄RC

小・中学校へハンドジェル 社会

創立30周年で1市5町へ

11月21日号

認知症へ理解深めて

認知症へ理解深めて 教育

吉田島高でサポ養成講座

11月21日号

素材生かし「寄」に賑わいを

素材生かし「寄」に賑わいを 社会

魅力発信へ有志が新組織

11月14日号

山北を走って巡ろう

山北を走って巡ろう 社会

観光振興の可能性探る

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク