足柄版 掲載号:2017年11月18日号 エリアトップへ

南足柄市 広域防災を呼びかけ 初の研究会で課題共有

社会

掲載号:2017年11月18日号

  • LINE
  • hatena
遠野市長の基調講演
遠野市長の基調講演

 県西地域2市8町における地域防災力の向上をめざす「第1回広域防災研究会」が11日、岡本コミュニティセンターで開かれ、県西地域の防災関係者ら130人が参加した。

「平時に有事を考える」

 産学官民で市民協働、人材育成、産業、防災の地域課題に取り組む「南足柄みらい創りカレッジ」の一環として、市が県西地域の自治体に参加を呼びかけた。

 東日本大震災の被災地を内陸部から後方支援した岩手県遠野市の本田敏秋市長が基調講演し、県西地域の防災職員らが「防災意識」をテーマに意見を交わした。

 想定外か?

 講演した遠野市の本田市長は、1896年の明治三陸地震津波を教訓に沿岸被災地の後方支援体制の重要性を提唱。2007年に設置した内陸9市町村による後方支援拠点訓練が2011年の東日本大震災の初動救援活動に生かされた事例を紹介し、津波被害について「本当に想定外だったのか」と疑問を投げかけた。

 本田市長は「国や県ばかりを頼りにしない自助の意識と、足らざるを補い、特性を生かし合う自治体間の水平連携が重要だ」と述べた。2005年の旧宮守村との「対等合併」も引き合いに出し、「互いに尊重して連携し、それぞれの強みを生かし合うことが重要。防災力の向上にもそうした意識が必要」と話した。

 防災意識とは?

 自治体の防災担当職員と消防、学者らが参加したシンポジウムでは「防災意識」をテーマに意見交換した。

 「意識は高まっているが避難訓練への参加など実際の行動につながらない」「防災マップが市町境で途切れてしまう」といった課題を抽出。「情報は得られても避難の仕方がわからない傾向もある」「そもそも防災意識とは何かを明確にする必要がある」といった声に参加者が耳を傾けた。

 第2部では30人ほどの市民らが「HUG」と呼ばれる避難所運営ゲームを通じて、要援護者に配慮しながら部屋割り仮想体験し、会場の外では防災機材を使った炊き出しも体験した。

 研究会に招かれ出席した開成町の府川裕一町長は「県西部広域行政協議会にも防災部会はあるが新たな試みだ。小田原と南足柄に接する隣接地もあり市町境の交流も重要」とした。

 加藤市長は「防災においては、自らを知り周りを知り、有効な手立てを講じることが重要。平時に有事について考え、水平連携を深める取り組みを今後も続けていきたい」と、研究会を締めくくった。

避難所開設について話し合う参加者
避難所開設について話し合う参加者

足柄版のトップニュース最新6

南と箱根でデカ盛り対決

南と箱根でデカ盛り対決 社会

観光振興へ2施設連携

1月15日号

市民から「地域」学ぶ

南足柄市

市民から「地域」学ぶ 社会

市外出身の職員らが研修

1月15日号

子育て拠点の愛称選んで

南足柄市

子育て拠点の愛称選んで 社会

5候補から投票で決定

1月8日号

遠藤さんに厚労大臣表彰

遠藤さんに厚労大臣表彰 社会

遺族会で援護事業に尽力

1月8日号

大河に熱い期待

大河に熱い期待 社会

山北の流鏑馬保存会

1月1日号

1市4町・首長からの新春メッセージ

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook