足柄版 掲載号:2018年2月3日号 エリアトップへ

足柄上選挙区杉本透県議 「合併議論が必要」 上郡5町、南足柄市に呼びかけ

政治

掲載号:2018年2月3日号

  • LINE
  • hatena
杉本氏の話を聴く支持者ら
杉本氏の話を聴く支持者ら

 南足柄市と小田原市の任意協議終了を受けて県議会足柄上選挙区選出の杉本透県議(64)=自民3期が「今後も合併議論が必要」との考えを示し、南足柄市を含む足柄上地域での合併議論の開始を呼びかけた。

 杉本氏は1月27日に後援会が大井町で開催した新春のつどいでこの考えを表明した。会場には衆参両院の地元国会議員のほか、杉本氏が所属する自民党の同僚県議、南足柄市連合支部長、JA、足柄上郡5町の町長・議長、各市町の議員合わせて44人が顔をそろえ出席していた。

 支持者を含む約500人を前にあいさつした杉本氏は「目に見える課題を解決するのは行政だが、政治家は夢を語らなければならない。夢を共有する賛同者を増やしながら地域をつくっていくのが政治の役割」と述べた。

 その上で昨年末に合併を見送り終了した小田原市と南足柄市の任意協議に触れ「南足柄の市民はこの合併について行政と同じ情報を常に共有し、自分たちの考えを訴える場があったのだろうか」と疑問を呈した。

 さらに、県内に政令市(横浜市、川崎市、相模原市)を除く30の自治体があるなかで、県西地域には2市8町の自治体がある点にも触れ「町行政の運営がさらに厳しさを増すなかで、自治体には適正な規模があると感じる。(合併について)2市8町も白紙、2市も白紙になったが『今のままでいい』とはならない。もう一度情報を提供したなかで合併を議論していく必要がある」と指摘。「そうした話し合いをこの1年間、各地で積極的に行い5町の首長さん、あえて南足柄市とも話をしていきたい」と述べ、議論の深まりに期待感を示した。

足柄版のトップニュース最新6

町のシンボル「絶やさない」

ひょうたん文化推進協議会

町のシンボル「絶やさない」 文化

会挙げて育成に注力

7月24日号

移動オービス運用始まる

松田警察署管内

移動オービス運用始まる 社会

取り締まり「神出鬼没的に」

7月24日号

寄にニホンカモシカ現る

寄にニホンカモシカ現る 社会

県道沿いで住民目撃

7月17日号

昭和女子大と包括協定

大井町松田町

昭和女子大と包括協定 社会

地域づくり推進で協力

7月17日号

園庭10月には天然芝に

大井幼稚園

園庭10月には天然芝に 教育

町職員らが苗植え付け

7月10日号

山北のお峯入り 手拭いに

NPO法人共和のもり

山北のお峯入り 手拭いに 社会

30以上の役者を一挙掲載

7月10日号

あっとほーむデスク

  • 7月17日0:00更新

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter