足柄版 掲載号:2018年5月12日号
  • googleplus
  • LINE

JR御殿場線上大井駅 駅前の桜伐採へ 地元自治会が感謝の神事

社会

関係者が集まりお清めが行われた=4月24日
関係者が集まりお清めが行われた=4月24日
 JR御殿場線「上大井駅」前の桜4本が伐採が決まり、地元の上大井自治会(平田良(まさる)代表自治会長)が4月24日に、70年間地域を見守ってきた桜に感謝を込め神事を行った。6月上旬にも伐採される。

 上大井駅前にある桜はソメイヨシノで、駅が開設された1948年に植樹された。「きれいで親しみやすい駅になれば」との思いから、地元で酒造りをする石井醸造(株)の四代目・石井孟雄(たけお)さんが周囲に50本以上を植樹したという。

 駅前広場の整備などにより現存する桜は4本となったが、地元住民から愛され、行事のたびにこの桜の木の前で記念撮影を行うなど戦後の地元の発展を見守ってきた。

 地域の人によると、一昨年から花が咲かなくなり、昨年は根元に少し葉が出ている程度まで弱り、枯れた枝が落ちることも目立つようになった。そのため大井町役場が樹木医に診断を依頼して、昨年の夏ごろに木の状態を調査した結果、倒木の可能性が高いことが分かり、駅前広場を管理するJR東海が伐採をすることになった。

桜に「感謝」

 この情報を耳にした上大井自治会では「今まで見守ってくれた感謝の気持ちを込めたい」と神事を企画。地元の三嶋神社(加藤嘉孝宮司)から神職を招き、会員や町の職員ら12人で伐採前に木に感謝し清める儀式を執り行うことにした。

 代表自治会長の平田良さんは「桜は駅の利用者を見守り春の訪れを告げてくれた。無くなってしまうのは淋しいが危険では仕方がない。桜の木に今までありがとうという気持ちを伝えたかった」と話していた。

 JR東海では6月上旬にも4本を伐採する予定にしている。

満開の桜の前で=1998年
満開の桜の前で=1998年

足柄版のトップニュース最新6件

PR館で工事紹介

中日本高速道路新東名・山北工区

PR館で工事紹介

5月19日号

茶畑再生を定住対策に

松田町寄

茶畑再生を定住対策に

5月19日号

6月に事業者公募へ

松田町寄入口町有地

6月に事業者公募へ

5月12日号

「子育て特集」全国4位

開成町広報かいせい

「子育て特集」全国4位

5月5日号

立花学園が創立90周年

レアなふた全国区に

大井町

レアなふた全国区に

4月28日号

医療から介護まで

介護スタッフ、調理補助、薬剤師募集中 託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月19日号

お問い合わせ

外部リンク