足柄版 掲載号:2018年9月8日号 エリアトップへ

足柄峠笛まつりで篳篥(ひちりき)を奏でる 瀬戸 陽一さん 南足柄市内山在住 32歳

掲載号:2018年9月8日号

  • LINE
  • hatena

ひちりきの音色に魅せられ

 ○…9日に足柄峠で開かれる笛まつりで奉納笛供養の伴奏を担う。ほかにも「越天楽」「荒城の月」を奏でる。父・利通さんから「内山雅楽会」の代表を受け継いだ。「伝統的な祭りに参画できることは光栄」「演奏をきっかけに雅楽の普及になれば嬉しい」と、気を引き締める。笛まつり最初の年は宮内庁楽部が同地を訪れ、雅楽を披露した。それから46年、笛まつりで笛供養を担い続けることになったのが「内山雅楽会」。会員10人のうち、今年は笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)の奏者5人が参加する。

 ○…1986年、南足柄市内山生まれ。弟2人、妹2人の長男。両親の影響で幼いころから雅楽が身近な音楽だった。主旋律を奏でる管楽器の篳篥は中学生のころ父に習い吹き始めた。西湘高校から早稲田大学に進み、卒業後に実家を離れた。

 ○…7年ほど前「雅楽の良さ」に目覚め、猛然と練習するようになった。「特有の音色と音の掛け合いが創り出す世界観」に魅せられた。雅楽は口伝学習がおもで、独学は不可能と言われる。あちこちに教えを請い、難しい雅楽の譜面も覚えた。長さ20センチほどの笛を額に筋を立て、頬を膨らませ、万感を篳篥の音に集中させる。「俺より上手い」と父は満足げに見守る。「毎日、数時間は吹いています。それとリードの手入れは欠かせませんね」と篳篥の入ったケースを見せてくれた。

 ○…昨年、家の後継者として故郷の内山に戻り、ほぼ同時に奈良で出会った女性と結婚した。尊敬するひとは「両親と妻」と話し、自らの性格は「一本気でこれと決めたら突き進むタイプ」と分析する。趣味は読書。お気に入りは村上春樹の『風の歌を聴け』。富士を望む足柄峠で、楽服姿でひちりきを奏でる姿は凛々しそう。

足柄版の人物風土記最新6

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

野瀬 勝利さん

江之浦ダイビングサービス アクアランドを経営する

野瀬 勝利さん

南足柄市在住 49歳

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 10月2日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook