足柄版 掲載号:2018年10月6日号
  • LINE
  • hatena

松田町中沢酒造 109年前の酵母で純米酒 「白ワインのような味わい」 輸出目指しラベルも英語表記

文化

「S・tokyo」を手にする鍵和田亮さん
「S・tokyo」を手にする鍵和田亮さん
 松田町の酒蔵、中沢酒造株式会社(鍵和田茂社長)が10月1日、109年前に発見された清酒酵母を使用した「松みどり 純米吟醸 S ・tokyo(エス・トーキョー)」を発売した。東京五輪を控え、海外市場への初進出も視野に入れる。

 新商品の開発は、1825年創業の中沢酒造の11代目で杜氏(とうじ)の鍵和田亮さん(32)が担当した。2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことや2020年に東京五輪を控えることから、「神奈川の地酒を国内外にアピールする最良の機会」と捉え、取り組んだ。

 鍵和田さんが母校の東京農業大学の恩師、門倉利守・准教授に最初に相談したのが2年ほど前。同大の醸造微生物研究室と菌株保存室から提供された酵母は、農学博士の故・中沢亮治さんが1909年に酒母から分離した酵母「菌名:Saccharomyces tokyo NAKAZAWA」。清酒製造ではいままで使用前例がない酵母だったという。

 商品化に向け試行錯誤を繰り返すなかで、通常の低温(10度)発酵に不向きということが解り、高温(14度)でゆっくりと発酵させた。その結果、アルコール度数が抑えめで糖化の促進で糖分が残り、通常より酸度が高い甘口の白ワインのような味わいの日本酒が出来た。

 鍵和田さんは「中沢博士の名前との類似や保存されていた菌株番号が『0024』で弊社の電話番号と同じなど、単なる偶然ではなく大きなご縁を感じた」と話す。

 和食にも洋食にも合うという新しい商品。同社では初の海外輸出を目指すためラベルも英語表記にした。販売本数2000本、720ml(税込・2020円)。

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版のトップニュース最新6件

「新たな覚悟で」

南足柄市加藤市長

「新たな覚悟で」

12月8日号

解体工事始まる

山北体育館

解体工事始まる

12月8日号

協調の姿勢前面に

南足柄市公共施設再編

協調の姿勢前面に

12月1日号

今年もキラキラ

松田山西平畑公園

今年もキラキラ

12月1日号

告示まであと10日

大井町長選町議補欠選

告示まであと10日

11月24日号

男子団体で県3連覇

山北高校弓道部

男子団体で県3連覇

11月24日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 12月1日0:00更新

  • 11月24日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月8日号

お問い合わせ

外部リンク