神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2019年10月12日 エリアトップへ

二科展の絵画部門で内閣総理大臣賞を受賞した 深見 まさ子さん 大井町金子在住 

公開:2019年10月12日

  • X
  • LINE
  • hatena

絵画の旅を見守りながら

 ○…第104回「二科展」で作品「悠久へのプロローグ2019」で絵画部門最高賞となる内閣総理大臣賞を受賞。「とてもうれしい。真摯に受け止め、今後も挑戦する気持ちを忘れずに前に向っていきたい」と喜びを噛みしめ、決意を新たにした。

 ○…南足柄市で生まれ育った絵が大好きな少女は岡本中に在学時「絵画を学べる大学に行きたい」という目標を持つ。西湘高校経て、女子美術大学へ進学。ここで造形学を学び卒業後はヨーロッパ8カ国を巡った後にデザイナーの仕事に就くと、新聞広告や雑誌のレイアウトなどを担当した。その後、画家として活動すると共に、美術科の非常勤講師として母校の岡本中をはじめ、三保中や中井中などでも勤務。今年4月からは足柄台中で教壇に立っている。「生徒から『先生の授業は楽しい』って言ってもらえることが活力。美術は生きる力を養い、何かを感じて表現するもの。私の授業を通して生徒たちが生きる力を養えれば」と微笑む。

 ○…絵を描くために自宅で花を栽培。作品のほとんどは自宅のアトリエで描き、家族の協力も得ながら作品に魂を込めていく。受賞作の「悠久へのプロローグ」シリーズは昨年からスタート。「表現しきれなかった」と昨年の作品をデフォルメしたものに仕上げた。

 ○…「これから作品が一人で歩んでくれれば」と願い、受賞作は来年3月まで全国各地を巡る。「見てくださる方々に自由に感じてもらえたら」。来年2月には「本物を見せてあげたい」という思いを込め、大井町生涯学習センターで展示会を企画している。「私自身もとても楽しみ。次世代を担う子どもたちのために何かを伝え、地元にも還元できる内容にしていきたい」。言葉の通り「挑戦」はいつまでも。

足柄版の人物風土記最新6

田渕 康男さん

5月に山北町農業委員会の会長に就任し、山北の農業を牽引していく

田渕 康男さん

山北町岸在住 71歳

6月15日

加藤 勝芳さん

参加者1万人に達した3033会のリーダーとして健康体操を指導する

加藤 勝芳さん

山北町山北在住 78歳

6月8日

菊地 真樹さん

南足柄市消防団の団長として南足柄の防災活動の中心を担う

菊地 真樹さん

南足柄市広町在住 53歳

6月1日

柳瀬 敦さん

4月1日付で神奈川県県西地域県政総合センター所長に就任した

柳瀬 敦さん

茅ヶ崎市在住 59歳

5月25日

山崎 美恵子さん

山北ジュニアコーラスの代表として子どもたちの指導にあたる

山崎 美恵子さん

山北町山北在住 67歳

5月18日

本間 裕章さん

松田町大名行列保存会の役員として積極的に地域文化の伝承に努める

本間 裕章さん

大井町上大井在住 68歳

5月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook