足柄版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

道祖神太鼓の音色 再び 復活へ有志が楽譜づくり

文化

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena
再現した楽譜をもとに太鼓や笛で音合わせをするメンバー
再現した楽譜をもとに太鼓や笛で音合わせをするメンバー

 松田町でかつて、毎年1月14日の道祖神祭りで奏でられていた「松田道祖神太鼓」を現代によみがえらせようと、地元の70〜80代の有志およそ10人が楽譜づくりに取り組んでいる。高齢化などで当時の音色を知る世代が少なくなる中、「1日も早く完成させたい」と活動に精を出す。

 「子どもの守り神」などとされる、各地区に存在する道祖神。町内でも1950年代ころまでは20以上の地区で、中学生くらいまでの子どもが主体となって太鼓や鉦、笛が奏でられていた。だが、時代の流れとともに別の行事に移行。かつての音色を知る人も少なくなっていった。

 およそ10年前、有志の一人・川瀬明宏さんの幼馴染で地元に住んでいた片岡敬造さんから、片岡さんの叔父が記憶を頼りにかつての打ち方を文字に起こした資料が提供されたという。それを機に「音を復活させたい」という気持ちが芽生え、当時を知る住民に声をかけるなどし、2017年に「松田道祖神太鼓研究会」を発足させた。

 今は月に2回ほどのペースで西平畑公園内の「子どもの館」に集まり、音起こしなどを行っている。現在は演奏の主要部分と考えられる楽譜がほぼ仕上がってきたという。

 川瀬さんは「松田町に伝わる文化・伝統の一つとして、わたしたちが元気なうちにできる限りの曲を再現し、次世代につなげていきたい」と話している。
 

施設利用者・開所スタッフ募集!

足柄上郡大井町に4月新規開所。介護職員・看護職・調理スタッフなど募集中です。

http://www.shofukai.or.jp/untitled199.html

<PR>

足柄版のトップニュース最新6

遺族支援で新サービス

大井町

遺族支援で新サービス 社会

死亡手続き1カ所で

2月20日号

丹沢湖トイレにアート

山北町商工会青年部

丹沢湖トイレにアート 社会

三保小児童らと制作

2月20日号

松田のマイスター合格

秦野市相原さん

松田のマイスター合格 文化

町外在住者で初

2月13日号

3月末で駐在所に統合

松田警察署山北交番

3月末で駐在所に統合 社会

新たに「車両型」を配備

2月13日号

地元での新規開業を応援

開成町商工振興会

地元での新規開業を応援 社会

特別チーム立ち上げ

2月6日号

1人1台で授業始まる

南足柄市

1人1台で授業始まる 教育

探求的学習に端末活用

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク