神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2023年1月1日 エリアトップへ

新年の幕開けに 1市4町首長がメッセージ

社会

公開:2023年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena
西平畑公園から望む足柄平野
西平畑公園から望む足柄平野

 2023(令和5)年が幕を開けた。干支(えと)は癸卯(みずのと・う)。

 全国の地方都市に共通する課題として、高齢化や人口減少に伴う地域経済の衰退が叫ばれて久しい。こうした課題についてどのように考え、どう対処しながら夢のある未来ビジョンを描いていくのか―。本紙では発行エリア1市4町の各首長に新春メッセージを寄せてもらった。

首長からの新春メッセージ定住促進に向けて南足柄市 加藤修平市長

 本市の今後の重要課題は、定住促進と人口増です。このためには、子育て支援策の一層の充実、地域公共交通の確保と整備、企業誘致の実現、防災の充実と環境政策の推進を積極的に進めてまいります。信頼にもとづく国や県との太いパイプ、企業との幅広い人脈など、信頼と経験を力に変えてやり遂げたいと決意しております。

 市民の皆様と共に「ふところ深く、こころざし大きく」、その先の希望あふれる南足柄へ向けてまい進いたします。

未来へ繋ぐ住み続けたい町大井町 小田眞一 町長

 新年明けましておめでとうございます。

 変動する世界状況や少子高齢化・人口減少などの課題に適切に対応し、町民ニーズや価値観が多様化する中で、誰もが生き生きと暮らせる町を創り出してまいります。

 「住んで良かった」と思える大井町を町民の皆様とともに創り上げるために、皆様と情報を共有し、公平公正な町政に努めてまいりますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹賀新年 継続から飛躍へ!松田町 本山博幸 町長

 迎春。本年は「卯年」にあやかり「飛躍」するためにも「チルドレンファースト」のまちづくりを「継続」し、子供たちが「住みたい・住み続けたい町」へ「世代を超えた協働・連携協力」による「第6次総合計画後期アクションプラン」をスタートさせ、「米百俵の精神」をもって未来を見据えたまちづくりを推進して参ります。

 結びに、本年も皆様の夢や想いが”カタチ”として成就されることをご祈念申し上げ、年頭のごあいさつといたします。

「山北のお峰入り」世界へ山北町 湯川裕司町長

 新年あけましておめでとうございます。昨年は、本町の民俗芸能「山北のお峰入り」を含む風流踊が「ユネスコ無形文化遺産」に登録されるという大変喜ばしい出来事がありました。本年10月8日には、6年ぶりとなる記念公演を開催するなど、今後もお峰入りの魅力が多くの方に伝わるよう、お峯入り保存会や町民の皆様との連携に努めてまいります。

 また、令和6年度から10年先の山北町の将来像を見据えた「山北町第6次総合計画」の策定に向けて全力で取り組んでまいります。

すべての人に感謝開成町 府川裕一町長

 あけましておめでとうございます。昨年は、感染症対策を十分にした上でイベントを再開するなど、町民の笑顔をやっと取り戻すことができた1年でした。

 私事ですが、今年の4月をもって政治家を引退いたします。12年間の町政運営で関わったすべての方に対し、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 「明るい未来に向けて人と自然が輝くまち・開成」の実現へ向け、最後の最後まで全力で職務を全うする。そのような年にしたいと思います。

足柄版のトップニュース最新6

小学生に「第3の居場所」

松田町

小学生に「第3の居場所」

日本財団採択、県内4カ所目

2月24日

災害時受け入れ体制は

ペット同行避難

災害時受け入れ体制は

1市4町で調査

2月24日

「雛めぐり」はいかが

足柄上地域

「雛めぐり」はいかが

1市3町で企画展示をPR

2月17日

トイレ全て洋式化へ

市文化会館大ホール

トイレ全て洋式化へ

3月まで改修工事

2月17日

給食費無償化へ予算案

南足柄市

給食費無償化へ予算案

2月議会に提出

2月10日

「松田に泊まりませんか」

「松田に泊まりませんか」

期間限定で町が滞在費補助

2月10日

あっとほーむデスク

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook