神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2024年1月27日 エリアトップへ

立花学園高柔道部 創部初の全国決める 神奈川2強の牙城崩す

スポーツ

公開:2024年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
出場メンバー(後列左から時計回り)田所永伎さん、渡邉音央さん、井上陽太さん、庄司篤生さん、横山翔太さん、能登勇公さん
出場メンバー(後列左から時計回り)田所永伎さん、渡邉音央さん、井上陽太さん、庄司篤生さん、横山翔太さん、能登勇公さん

 立花学園高校柔道部(中島慎二監督)が1月21日の全国高校柔道選手権県予選の団体で2位に入り、初の全国大会出場を決めた。

 同大会は例年1校が全国大会に進むことになっているが、昨年の神奈川県代表、東海大相模高が全国大会で準優勝を果たしたことで今年の代表校数が2枠となっていた。

 立花学園高の県予選出場メンバーで昨年も出場していたのはエースの田所永伎(えいき)さん(2年)のみ。代表枠が2枠と決まって以降は「全国大会出場のチャンス」と、強豪高校との稽古を行うなどして、強化していた。

 神奈川県では東海大相模高と桐蔭学園高の2強時代が長らく続いており、過去25年、2校以外が代表に選ばれたのは1度だけ。今年は順当にベスト8まで勝ち進んだ立花学園高は創部以来一度も勝利がなかった慶應義塾高に勝利。準決勝で桐蔭学園高と対戦した。先鋒で敗れるも次鋒の渡邉音央さん(2年)が同校のエース選手に対し粘りの柔道で相手の反則を誘い勝利。勢いそのままに中堅戦も勝利を収め、副将戦で田所さんが一本勝ちし、全国出場が決まった。勝利の直後、涙があふれてきたという田所さんは「全国大会でも自分たちの柔道をしてきたい」と意気込んだ。

 中島監督は「選手の気持ちが乗っていたことが今回の大金星につながったと思う。全国大会でも勝利を目指して戦っていきたい」と話した。

足柄版のトップニュース最新6

地域防犯にドラレコ利用

地域防犯にドラレコ利用

開成町で見守りボラ開始

6月15日

電子書籍 導入は16自治体

本紙調査

電子書籍 導入は16自治体

蔵書数、利用数に課題も

6月15日

「暑さの避難所」運用開始

南足柄市

「暑さの避難所」運用開始

市内公共施設8カ所で

6月8日

手作り漬物出荷に変化は

手作り漬物出荷に変化は

食衛法改正で基準厳しく

6月8日

警察官、週5日体制へ

開成駅前

警察官、週5日体制へ

駅利用者、人口増に対応

6月1日

8日から「あじさいまつり」

開成町

8日から「あじさいまつり」

土・日中心にイベント多数

6月1日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook