保土ケ谷区版 掲載号:2017年3月9日号

(PR)

不動産のよろず相談

空き家になった実家を整理

和田町の「工藤不動産」

 和田町を拠点に創業以来36年にわたり保土ケ谷に密着する「工藤不動産」では、「不動産のよろず相談処」として無料相談を受付中。売却や住み替え、相続、空き家問題など様々な相談ができると好評だ。

「相続の相談はお早めに」

 近年、核家族化や高齢化が進み、相続人も住まいを所有しているため、親が亡くなった後、相続の手続きをせずに実家をそのまま放置しているケースが多いという。保土ケ谷区在住のBさん(50代男性)も5年前に親が他界し、実家は空き家になっていた。不用心なので、そろそろ整理しようと同社へ相談に。

 通常、相続が起きた際は、相続不動産の名義を変更する「相続登記」の手続きが必要となるが、相続人同士の利害関係でどのように進めるか話し合いがまとまらず、そのままになっていることも多いという。「相続登記」に期限はないが、名義変更を行わなければ売却することもできない。

 Bさんの場合、「相続人の中には普段付き合いのない親族もいたため、なかなか腰があがらなかった」という。同社では、一人ではなかなか進められない相続人の確認や相続人同士の意見調整もサポート。数々の案件を解決に導いた経験とノウハウを持つスタッフが丁寧かつスムーズに進めてくれる。「相続登記から売却まで円滑に行うことができ、相談してよかった」とBさん。

 スタッフは「相続手続きをせずに長い年月が経過すると、相続人の中で認知症や亡くなられる人が出て、代襲相続が発生。相続人が増え、関係が複雑化して状況によっては手続きに何年もかかる場合もあります。ご相談はお早めに」と呼びかけている。

工藤不動産

保土ケ谷区和田1-13-21工藤ビル1階

TEL:045-332-1231

http://www.kudofudosan.co.jp

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6件

鉄則は”3社以上の相見積もり”

社会人の学び直しに

知れば楽しい「仏教と作家」

3/26、27

知れば楽しい「仏教と作家」

3月16日号

今こそ考えたい生前整理

安心の老後を送るヒント

今こそ考えたい生前整理

3月9日号

最新の補聴器を体験してみよう

鉄則は”3社以上の相見積もり”

関連記事(ベータ版)

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年3月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/