保土ケ谷区版 掲載号:2017年9月14日号

自殺予防キャンペーン

「一歩踏み出し相談を」 社会

区役所職員が呼びかけ

 自殺予防週間(9月10日〜16日)を前にJR保土ケ谷駅構内で8日、保土ケ谷区役所の職員およそ30人が、さまざまな相談窓口の存在を周知する街頭キャンペーンを展開した。

 区担当課によると区内の自殺者数は2011年以降減少傾向にあったが、15年には前年比で15人増加し48人となっている。

 年齢別でみると40代が13人と全体の3割ほどを占めている状況で、「経済的な問題などに起因し心の病の発症件数が最も多いのがこの世代」と担当課では話す。また、10代後半から20代の死因別順位では自殺が最も高いという。

 このような状況を受け、区ではこの日、若年層や40代の市民が通学・出勤する時間帯に合わせ、早朝の駅構内で各種相談窓口の連絡先や市の取り組みなどを紹介した啓発物、1800セットを配布した。

関連記事powered by weblio


保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

部員10人のチームが躍進

保土ケ谷リトルシニア 中学生硬式野球

部員10人のチームが躍進

9月21日号

IR誘致「時間かけて検証」

振り込め、見破って

みんなで「スマイル・ラン」

参加者募集

みんなで「スマイル・ラン」

9月21日号

子どもと理科の楽しさを

小田急ロマンスカー物語

原鉄道模型博物館

小田急ロマンスカー物語

9月21日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク